2009年03月06日

WBC日本は中国にまさかの苦戦

 WBCアジアラウンド初戦。日本は中国との対戦。前回は16-2と圧勝している相手。勝つのは間違いないと思っていましたが、意外な苦戦というか、拙い野球に見えましたね。
 1番はイチロー、3番が青木というオーダーになりました。もちろん中国の野球も進歩していると思いますし、初めて見る投手の球を打つのは難しいことも承知ですが、打てませんでしたね。
 また、得点が入っていない状態の無死1・2塁という完全にバントという場面で、城島にバントのサインを出さないのは原監督いかがかなと思いました。ここで練習しておかなければ、これからさらにプレッシャーがかかる場面でうまくできるのでしょうか。これから厳しい1点を争う戦いになると思いますが、絶対にバントしかない場面でそのバントをキッチリ決めるという高いハードルが必ず出てくると思います。その予行練習を出来る場面でやらなかったというのは、どう響いてくるのか。不安です。
 まあ打線と監督の采配は低調でしたが、投手陣は無失点ということで、まずまずでしたかね。と言っても良かったと言えるのは田中、涌井、山口ですかね。ダルビッシュと藤川はもう1つといった感じですが、まあダルビッシュは問題ないでしょう。藤川にはちょっと不安が残りますが…。
 次が本当の勝負です。おそらく韓国でしょうが、勝ってスッキリとアメリカ行きを決めたいですね。

給付金支給スタート!banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。