2009年03月08日

日本、韓国に完勝!

 WBC野球日本代表は、北京オリンピックで2敗を喫した宿敵・韓国に14-2のコールド勝ちで第2ラウンドへ進出しました。
 打線は4番に村田、6番に稲葉に代わって入った内川。北京で2敗を喫したサウスポー対策。内川は必ず活躍してくれると思っていたので、楽しみです。そして、試合の方は、初回の1番イチローからの3連打で火がつきました。2死後、その6番・内川が大仕事。3塁線を破る2ベースで3-0に。
 しかし、その裏の松坂のピッチングはスライダーの制球が定まらず、苦しいピッチング。スラーダーが3球ボールになったノースリーのカウントから4番・金泰均が2ラン。さすがに勝負強い…。
 2回には無死1・2塁でイチローがセーフティバントを決め、完全に流れをつかみます。仕上げは4番・男村田の3ラン!前日に続くホームランで4番の重責をしっかり全うします。これで8-2。
 ここで2・3回を0点に抑えてくれれば、勝ちは見える。エース・松坂は調子が悪いなりに、カットボールでピッチングを組み立て、その通りに4回まで追加点を許しませんでした。
 その後も渡辺、杉内、岩田が追加点を許さず、打線も城島の2ランとそつない野球で次々追加点。結局、宿敵・韓国に7回コールド勝ちというこれ以上ない勝利を収めました。
 これで第2ラウンド進出決定。イチローの復調も頼もし。しかし、まだ戦う可能性のある決勝の相手にしっかり勝って、2連覇を達成してほしいですね。

上村愛子は本物!banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 02:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。