2009年06月07日

サッカーW杯4大会連続出場決定!

 サッカー日本代表が2010年の南アフリカW杯に向けたアジア最終予選・ウズベキスタン戦で1-0で勝利し、4大会連続のW杯出場を決めました。おめでとう!そして、ありがとう!
 アウェーで行われたこの試合で、ゴン中山の魂を受け継ぐストライカー岡崎が、らしいゴールで前半9分に先制!中村憲のパスを受け、シュートを放ち、GKに弾かれたところをそのままヘディングシュート。泥臭い大きな1点でした。これで岡崎は今年8試合で7ゴールと存在感を示し、本大会でのエースの座に近づきました。
 その後の展開は運動量が落ちた日本に対し、ホームの声援と審判を味方につけ、ウズベキスタンが攻勢に出ましたが、最後まで楢崎、中澤、闘莉王を中心に集中力を切らさず守り切りました。
 一方、やはり本番は違うのか、キリンカップで見せたような良い内容ではありませんでしたね。意気込みすぎて、プレスなども空回りしている印象でした。キリンカップのような内容を継続して、どのような状況でも行えるような心理的状態を作りたいですね。
 ベスト4という言葉も代表の内輪では少しは現実味を帯びてきたのかもしれませんが、僕らを納得させるような内容と結果をこれから見せて、期待できる日本代表を見せてもらいたいですね。

クズネツォワが全仏優勝!banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 19:51| Comment(7) | TrackBack(2) | サッカー小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。