2009年12月30日

フィギュア五輪代表決定

 フィギュアスケートのバンクーバーオリンピック代表が決定しました。男子はショートプログラムが終わった時点で、すでに内定している織田信成とSP1位の高橋大輔、SP2位の小塚崇彦でほぼ決定。フリーが終わっても高橋1位、小塚3位とすんなり代表決定。
 女子はすでに内定している安藤美姫に加え、世界大会などでの実績抜群の浅田真央は当確と思われたので、実質的に中野友加里と鈴木明子が残りの1枠を争う形となりました。SP2位の中野とSP4位の鈴木の差はわずか1.06。フリーで先に登場したのは中野。ジャンプでミスが出るもまずまずの演技でした。そして鈴木。摂食障害を乗り越えた彼女にはスケートをやる喜びが感じられました。ジャンプ後に一度つまずいてしまいましたが、その後は素晴らしい表現力でフィニッシュ。終わった時にもどうなるのか分からないような微妙な点差が予想されました。そして、出た得点は中野をわずか0.17上回る合計得点195.90。この瞬間、グランプリファイナルでも表彰台に立った鈴木明子の代表が決まった瞬間でした。
 今回の代表は男子・女子両方で複数のメダルが狙える頼もしい陣容。特に注目しているのは鈴木明子選手。3名の女子代表選手の中では一番心理面から言えば期待が持てます。オリンピックのような舞台に初めて臨むということで、普通は緊張してしまうかと思いますが、スケートをできる喜びを表現できれば、表彰台も可能だと思います。試合前に臨む心境として楽しい気持ち、喜ばしい気持ち、わくわくした感じなどのプラスの感情を持っていることは重要なことです。代表選手にはオリンピックまでに行える万全の準備をして、自分の力を発揮してもらいたいですね。

尊敬する清水宏保選手、五輪代表ならずbanner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 15:13| Comment(9) | TrackBack(0) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。