2010年06月30日

8強への挑戦、PK戦に散る

 惜しかったですね。パラグアイとの死闘は延長戦も含めて0−0。PK戦は川島が当たっていたので分があるかと思っていましたが、残念ながら3−5で敗戦。パラグアイのPKは素晴らしかったです。全員が落ち着いていましたね。駒野選手が外して敗れてしまったわけですが、120分で決めれなかったんですから、まあ仕方ないです。
 それにしても防戦一方でしたね。もっと積極的にシュートを打っても良かったし、もう少しボールキープ率も高くできると思っていたんですが、長谷部も遠藤もほとんど攻撃に絡めませんでした。長谷部は守備に奔走していましたが、遠藤は疲れていたのか動きがよくありませんでしたね。最初からカウンターを狙っていたのであれば、球の出し手として中村憲、受け手に岡崎や森本、玉田あたりを置いていても良かったかと思いますが、この流れではスタメンは替えれませんわね。
 今大会では、フランスやイタリアが予選リーグ最下位で敗退するなど、各国の差が急速に縮まっていますね。ボスマン判決以降、最高峰の欧州リーグで活躍するヨーロッパ・南米以外の選手が大幅に増え、また多種に亘っていることが、その要因だと思います。韓国もパク・チソンやパク・チュヨンなどが欧州のトップリーグで活躍しており、選手個々の能力に強豪国と以前ほど差がなくなり、日本も含め、組織力に秀でたチームが躍進を遂げたと思います。その点から行くと、やはり当初予想した通り、スーパーな選手達を擁し、ドゥンガがしっかり規律を植え付けたブラジルが優勝するんじゃないでしょうか。対抗はアルゼンチンとスペイン。穴をあけるならフォルラン・スアレスを擁するウルグアイ。ブラジルやアルゼンチンと何度も対戦経験がありますし侮れません。ということで、ここからは世界のベスト8のサッカーを楽しみましょう!
 日本も国内・海外と2度のベスト16を経験して、ようやくベスト8が日本の現実的な目標として認識できるということが、今大会の一番の収穫でしょうね。あとはクラブW杯でガンバ大阪が魅せたような日本の中盤の技術力を生かしたサッカーで、ベスト8の壁を破り、内容的にも“日本のサッカー”を見せつけてほしい!結果を残すことに長けた岡田監督のような戦略家ではなく、今度はビエルサのようないい戦術家に日本代表の監督になってもらいたいものです。
 
パク・ヨンハが自殺!?banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

日本代表、デンマークに快勝し、決勝T進出!

 感動しました!よかった。応援してて…
 戦前の予想をいい意味で裏切ってくれました。本当にみんな頑張ってくれましたが、この日のMVPは誰が見ても本田でしょう。数字上は1得点1アシストですが、遠藤のFKのアシストも含め、実質2アシストでしょうね。1本目のFKをいきなり無回転FKで決めてくれました。いやあ鳥肌が立ちました。まさに有言実行の男。格好いいです。そして、次の直接FKのチャンスは先ほどの本田の一発でGKソーレンセンも本田を必要以上に警戒したんでしょう。私は位置的に遠藤が蹴ると思っていましたが、GKはノーマークでしたね。一発で仕留めた遠藤も素晴らしかったですが、FKの壁も完全に右利きの選手が蹴るのを想定した壁ではありませんでした。あのカーンも「壁の作り方が全く駄目だった」と言っていたそうですが、普通に空けている側の壁の横を通されていましたからね。敵がいない状態でテクニックだけが求められるFKは日本人の得意分野。日本はFKだけ見れば世界のトップレベルなんですが、遠藤のFK技術を侮っていましたかね。3点目は、岡崎が言っていたように、ほぼ本田の得点と言ってもいいぐらいのGK・DFを引きつけてのラストパス。エゴイストではなく、チームのために最善のプレーを選んだ本田選手は本当に本当に素晴らしい!
 それにしても2点を先制し、3点を奪うという全く予想していなかった展開でした。もちろん、一発で仕留めた本田と遠藤が素晴らしいんですが、最初に蹴った2本の直接FKがそのまま得点につながってしまうとは…。やはりW杯は、いや、サッカーは何が起きるかわかりませんね。
 次はパラグアイ。付け焼刃だった新しいシステムに少しずつ選手が慣れ、熟成してきている感じがしますし、2勝して予選リーグを突破したここまでの自信と、本田や松井など選手がいまだ満足できていない現状未満足、さらに上を目指す精神状態に、大きな可能性を感じます。

アジアのサッカー万歳!banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

日本が初戦カメルーンに快勝!

 やってくれました!久々に応援した甲斐がある試合となりました。本番前の内容・結果とも思わしくありませんでしたが、本番では岡田監督の結果を求めたリアクションサッカーが功を奏しました。
 本田を得点を奪うためでなく、ボールを納めるターゲットマンとして用いる守備的な戦術でしたが、その本田が得点を取ってくれました。本田が得点後にチームのことを思い、ベンチに向かったのは一体感を高めましたね。本田は中田英より大人でした。それにしても両サイドの松井・大久保やアンカーの阿部、高さのある攻撃を跳ね返し続けたCBの中澤など本当にチーム全員が頑張ってくれました。
 ただ結果がうまくいったからといって、そのままのメンバーを起用するのは危険だと思います。今度は高地ではなく平地での試合となりますし、高地での試合で出場したメンバーは疲労がたまっているかと思います。リアクションサッカーの得意な岡田監督も違うメンバーで臨むのではないでしょうか。オランダ相手には、中盤を機能させず、プレスで奪ってからのショートカウンターが一番有効でしょう。特にスナイデルを抑えることが絶対条件になります。勝つためには、スナイデルに今野あたりをマンマークにつけるのが得策かと思いますし、裏に抜けるスピードを持った森本や岡崎をトップに入れたいところですが、岡田監督はどういう戦略を取ってくるんでしょう。
 あと岡田監督もミーティングで話していたようですが、韓国の結果も勇気や意欲をかきたててくれたのではないでしょうか。韓国はパクチソンやパクチュヨンを中心に本当に自信を持って臨んでいるように見えますし、予選リーグを突破できそうな感じです。日本も負けていられません。
 日本人もきれいなサッカーを求めているとは思いますが、この持ち上げ方、盛り上がり方を見るとやはり内容より結果なんだなと感じますね。視聴率も良かったみたいですし、国内でのサッカー人気が盛り上がるといいですね。

で、相撲協会はなぜ水を差す?banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

南アフリカW杯開幕直前

 しばらくぶりです。
 いよいよサッカーワールドカップが直前に迫ってきました。過去2大会は現地で観戦しましたが、さすがに今回は治安の問題から行く気もせず、TV観戦ですね。ただ…というか、やはりというか日本の調子は悪いですねえ。本田の1トップですか…。いまさらテストって…。
 テレビの中継を見ていても、相変わらず練習のための練習をやっているようにしか見えません。例えば、練習で試合ばりの激しいディフェンスをしていませんが、それをしないと攻撃陣は厳しい状況をかいくぐってシュートまで持っていくようなプレーが育ちません。100%のプレーが脳にもインプットされません。決定力不足と言われていますが、練習でフリーで打って入らないんだから、単なる実力不足ですね。このような練習環境では決定力を育てるのは無理でしょう。土壇場でどうすることもできません。セットプレーと運に期待しましょう。
 また、適材適所が原則であるのにも関わらず、本田を「前を向いて怖さを出せる選手」「真ん中の選手」と評しながら、1トップで起用する意図が理解できません。ただ勝負に徹する岡田監督であれば、Jでも結果を残していますし、少しは期待できるので、情報戦の一環だと信じたいですが…。
 個人的には、1トップに海外でもまれている森本、その下に本田、右に決定的なパスが出せ、出ればマークされることで本田を生かすことができる中村俊、左に飛びだしが得意な岡崎という布陣が一番いいと思っているんですが、まあ人それぞれでしょうね。相手が引いている状態なら左に松井、右に岡崎にするか、ボランチの一枚を替えて、左に松井でFWに岡崎か闘莉王を持ってくるのがいいかな。
 まあ勝てる望みがあるとすれば、カメルーン戦だけだと思います。それが初戦なので、勝てば勢いに乗って1勝1分け1敗でグループリーグ突破もあり得るかと思いますが、現実的には厳しいかな。オランダには勝てないでしょう。デンマークには良ければ引き分け。カメルーンはどんな結果も起こりうるかと思います。勝ち点は0〜4ということになりますね。
 今大会は初めてアフリカで行われるワールドカップを家でじっくりゆったり楽しみたいと思います。日本にはあまり期待していませんが、嬉しい誤算があるように祈っています。

優勝予想は静かなブラジルbanner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。