2010年06月10日

南アフリカW杯開幕直前

 しばらくぶりです。
 いよいよサッカーワールドカップが直前に迫ってきました。過去2大会は現地で観戦しましたが、さすがに今回は治安の問題から行く気もせず、TV観戦ですね。ただ…というか、やはりというか日本の調子は悪いですねえ。本田の1トップですか…。いまさらテストって…。
 テレビの中継を見ていても、相変わらず練習のための練習をやっているようにしか見えません。例えば、練習で試合ばりの激しいディフェンスをしていませんが、それをしないと攻撃陣は厳しい状況をかいくぐってシュートまで持っていくようなプレーが育ちません。100%のプレーが脳にもインプットされません。決定力不足と言われていますが、練習でフリーで打って入らないんだから、単なる実力不足ですね。このような練習環境では決定力を育てるのは無理でしょう。土壇場でどうすることもできません。セットプレーと運に期待しましょう。
 また、適材適所が原則であるのにも関わらず、本田を「前を向いて怖さを出せる選手」「真ん中の選手」と評しながら、1トップで起用する意図が理解できません。ただ勝負に徹する岡田監督であれば、Jでも結果を残していますし、少しは期待できるので、情報戦の一環だと信じたいですが…。
 個人的には、1トップに海外でもまれている森本、その下に本田、右に決定的なパスが出せ、出ればマークされることで本田を生かすことができる中村俊、左に飛びだしが得意な岡崎という布陣が一番いいと思っているんですが、まあ人それぞれでしょうね。相手が引いている状態なら左に松井、右に岡崎にするか、ボランチの一枚を替えて、左に松井でFWに岡崎か闘莉王を持ってくるのがいいかな。
 まあ勝てる望みがあるとすれば、カメルーン戦だけだと思います。それが初戦なので、勝てば勢いに乗って1勝1分け1敗でグループリーグ突破もあり得るかと思いますが、現実的には厳しいかな。オランダには勝てないでしょう。デンマークには良ければ引き分け。カメルーンはどんな結果も起こりうるかと思います。勝ち点は0〜4ということになりますね。
 今大会は初めてアフリカで行われるワールドカップを家でじっくりゆったり楽しみたいと思います。日本にはあまり期待していませんが、嬉しい誤算があるように祈っています。

優勝予想は静かなブラジルbanner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。