2010年06月30日

8強への挑戦、PK戦に散る

 惜しかったですね。パラグアイとの死闘は延長戦も含めて0−0。PK戦は川島が当たっていたので分があるかと思っていましたが、残念ながら3−5で敗戦。パラグアイのPKは素晴らしかったです。全員が落ち着いていましたね。駒野選手が外して敗れてしまったわけですが、120分で決めれなかったんですから、まあ仕方ないです。
 それにしても防戦一方でしたね。もっと積極的にシュートを打っても良かったし、もう少しボールキープ率も高くできると思っていたんですが、長谷部も遠藤もほとんど攻撃に絡めませんでした。長谷部は守備に奔走していましたが、遠藤は疲れていたのか動きがよくありませんでしたね。最初からカウンターを狙っていたのであれば、球の出し手として中村憲、受け手に岡崎や森本、玉田あたりを置いていても良かったかと思いますが、この流れではスタメンは替えれませんわね。
 今大会では、フランスやイタリアが予選リーグ最下位で敗退するなど、各国の差が急速に縮まっていますね。ボスマン判決以降、最高峰の欧州リーグで活躍するヨーロッパ・南米以外の選手が大幅に増え、また多種に亘っていることが、その要因だと思います。韓国もパク・チソンやパク・チュヨンなどが欧州のトップリーグで活躍しており、選手個々の能力に強豪国と以前ほど差がなくなり、日本も含め、組織力に秀でたチームが躍進を遂げたと思います。その点から行くと、やはり当初予想した通り、スーパーな選手達を擁し、ドゥンガがしっかり規律を植え付けたブラジルが優勝するんじゃないでしょうか。対抗はアルゼンチンとスペイン。穴をあけるならフォルラン・スアレスを擁するウルグアイ。ブラジルやアルゼンチンと何度も対戦経験がありますし侮れません。ということで、ここからは世界のベスト8のサッカーを楽しみましょう!
 日本も国内・海外と2度のベスト16を経験して、ようやくベスト8が日本の現実的な目標として認識できるということが、今大会の一番の収穫でしょうね。あとはクラブW杯でガンバ大阪が魅せたような日本の中盤の技術力を生かしたサッカーで、ベスト8の壁を破り、内容的にも“日本のサッカー”を見せつけてほしい!結果を残すことに長けた岡田監督のような戦略家ではなく、今度はビエルサのようないい戦術家に日本代表の監督になってもらいたいものです。
 
パク・ヨンハが自殺!?banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。