2010年10月09日

サッカー日本代表がアルゼンチンに初勝利!

 ザックJAPAN初戦は、世界最優秀選手のメッシ擁する強豪アルゼンチンが相手。相手はメッシを始め、テベス、ミリート、イグアイン、マスチェラーノ、カンビアッソ、ディ・マリア、ロメロなど世界最高峰の選手がそろうベストメンバー。結果はともかく、4日間の準備期間では、ある程度の内容を見せてくれれば、御の字だと思っていました。正直なところ、十中八九、勝つことはないだろうと思っていました。
 それが、これまでの強豪と対戦する日本とは違う内容。これまで強豪相手にはべた引きで守るか、試合開始から100%のプレスをかけて後半ガス欠を起こすかのどちらかでした。今回は新監督のザッケローニが課した約束事だと思いますが、プレスをかける位置はこれまでより自陣寄り・やや低めでコンパクトになり、むやみやたらにボールを追いかけまわす選手はおらず、選手同士の距離感が素晴らしく、アルゼンチンが攻めあぐねていました。また、アルゼンチンがほとんど中央からの突破を試みてきたことも守りやすかった要因だと思います。
 結果は、長谷部のミドルを弾いたボールを押し込んだ岡崎のゴールで1−0。過去6戦全敗だった相手に初勝利を飾る快勝でした。もちろん、アルゼンチン選手の疲れや時差の問題もありますが、日本代表に選ばれた海外組やメッシは、あまりそういう問題を感じさせませんでしたし、意識の点においても、アルゼンチンの監督は暫定監督で、非公開練習を行うなど、次の本契約を取るために本気モードだったと思います。W杯後にその優勝チーム・スペインを下すなど世界最強クラスのチームに勝てたことは本当に大きな自信になります。香川や本田、長谷部、長友は海外リーグでレギュラーを張っているだけあって、アルゼンチン相手に臆することはなかったですし、非常に頼もしく感じました。何か普通にやって普通に勝ったという印象で、それでベストメンバーのアルゼンチンに勝ったことは自信にしてもらいたいですね。
 ただ、まだ1試合。この日は守備時にサイドの選手も中央寄りにコンパクトにしていたことが功を奏したわけですが、このザッケローニの守備戦術が相手によって変わるのかどうか。この守り方だと相手のサイド攻撃に対しては、どうしても遅れますし、速いファーへのクロスが入ってくると、裏から入られやすいような気がします。また、アルゼンチンは前線の高さで勝負してきませんでしたが、その対策も気になります。次は、どんな試合でも日本相手には本気の韓国。アウェーでの試合ですし、いいテストマッチになりそうです。

名古屋はドラゴンズとグランパスのアベック優勝か?!banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。