2011年07月19日

なでしこ世界一!

 サッカー女子日本代表のなでしこJAPANが世界ランク1位のアメリカを破り、世界一に輝きました!すごい!すばらしい!何と言っても世界一ですよ!日本のサッカーが世界の頂点に立ったという事実に実感がわかないぐらいの大偉業です。
 正直に言って、グループリーグでイングランドにも負けていたので、準々決勝・世界ランク2位のドイツ戦はたぶん負けるだろうと思って、TV観戦もしませんでした。しかし、翌日その強豪ドイツに勝利したことが分かり、見ればよかったと後悔・・・。そして・・・陳謝。2度と同じ過ちは繰り返すまいと眠気と闘いながらスウェーデンとの準決勝をTV観戦。この試合では、なでしこJAPANがパスをつないでつないで60%のボール支配率を誇り、もう完勝という形でした。澤や宮間、大野、安藤などは知っていましたが、ボランチの阪口らを見て、トラップなどのボールコントロールがうまいなあと感心しつつ、この勢いなら今まで一度も勝てていないアメリカにも・・・という期待が膨らんできました。
 そして、迎えた決勝。平均身長が10cmも高い相手と戦うのを見ると、まるで大人と子供の試合のように見え、アメリカのワンバックやモーガンの強烈な男子並みのシュートを見て、「ずるい」と感じた私はアメリカの得点には仕様がないとあまり驚きませんでした。それでも、その巨大な壁に挑み続け、宮間の素晴らしい予測と冷静なプレーで1-1、宮間の正確なCKにニアで合わせる得意な形でゴールした澤で2-2とした時間帯は、共に本当にあとがない時間帯で生まれたゴール。まさに「あきらめない」姿勢を貫いたが故の2度の同点劇でした。
 この流れなら勝てるかもしれないと感じましたが、女子のPK戦を見るのは初めてだったので、ちょっと予測がつきませんでした。PK戦前の円陣で佐々木監督の笑顔を見たときも、その笑顔がどちらに転ぶかはわかりませんでした。しかし、GK海堀の足にあてたセーブは本当に素晴らしかった。この最初の1本を止めて、完全に流れを日本に呼び込みましたね。キッカーは澤と宮間と、おそらくPK戦要員で途中出場した岩淵は蹴るんだろうと思いながら見ていました。結局、その中では1人目の宮間だけが蹴って4人目でPK戦に勝利!5人目が誰かはわかりませんでしたが、澤は自信がないという理由からおそらく回ってこない一番最後の10番目のキッカーになっていたそうです。このように、MVPの選手が自分のためではなくチームの勝利のために考えられること、南アフリカW杯でもそうだったように、得点をした選手がベンチに駆け寄って一体感を作り出すことは、チームに関わる全員が同じ方向を向いているのを確認する作業で、チームにとって本当に大きな力となったはずです。ベンチメンバーに感謝できるスターティングメンバーと悔しさを持ちつつもスターティングメンバーを支え続けたベンチメンバーによる、真のチーム。日本人は特に「誰かのために」が大きな力になる人種なのでしょう。世界と戦う上で、日本のストロングポイントを再確認できた大会でした。
posted by 杉山卓也 at 18:26| Comment(5) | TrackBack(0) | サッカー小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月05日

ウィンブルドン2011

 今年のウィンブルドンでは男女のシングルスとも初優勝者が出ました。
 女子は決勝でマリア・シャラポワを破ったペトラ・クビトバ。2人はそれぞれ第5シードと第8シードということで、誰が勝ってもおかしくない戦国模様が今後も続きそうです。
 一方の男子は、第2シードのノバク・ジョコビッチが第1シードのラファエル・ナダルを破り、ウィンブルドン初優勝。世界ランキングも1位に躍り出るなど、フェデラー・ナダルの2強時代に完全に終止符を打ちました。あのナダルにストローク戦で圧倒するんですから、本当に強いですね。今後はジョコビッチ時代が来るんでしょうか。
 日本勢では、初出場で3回戦まで進んだ土井美咲とやはり元世界No.1のビーナス・ウィリアムズと激闘を繰り広げたクルム伊達公子の健闘が印象に残りましたね。それに比べ錦織圭は物足りませんでした。もちろんウィンブルドン優勝経験のあるヒューイットは強かったですが、特に取れるセットポイントを精神面の不安定さから自ら逃してしまったのは本当にもったいないですね。そこはウィリアムズ相手に同じような場面でしっかりポイントを取りきった伊達さんをしっかり見習ってほしいですね。もちろん、経験は非常に大事な要素ですが、経験がないからトップになれないというわけでもないので、錦織も懸案の精神面が充実してくれば、能力的にはフェデラーやナダルからも認められているぐらいなので、トップレベルで活躍してくれるでしょう。頑張ってほしいですね。
posted by 杉山卓也 at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。