2012年02月27日

メンタルトレーニングフォーラム・イン・名古屋のご案内

2011年度
日本スポーツメンタルトレーニング指導士会 東海・北信越支部研修会
メンタルトレーニングフォーラム・イン・名古屋

 日 時:平成24年3月3日(土) 13:00 〜 17:00   
 場 所:名古屋経済大学名古屋駅前キャンパスホール
      〒450−0002 名古屋市中村区名駅4−25−13 
 プログラム:
   12:30 〜 受付開始
   13:00 〜 挨  拶 鈴木 壯(東海・北信越支部会長)
   13:10 〜 講  義
        『心理的サポートの意義と役割』
         【講師】鈴木 壯(岐阜大学、SMT指導士)
   14:30 〜 実践報告
         『心理的サポートの実践報告』
         【講師】杉山卓也(中京大学、 SMT指導士)
   15:50 〜 実践研究
         『選手の競技意欲を高めるコーチング行動』
         【講師】吉澤洋二(名古屋経済大学、SMT指導士)
   16:45 〜 閉講式    受講証授与ほか

詳しくは東海北信越支部HPまで。
posted by 杉山卓也 at 09:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

サッカー五輪代表、ロンドンに向け大きく前進!

ロンドンオリンピックを目指すサッカーU23日本代表が同じくU23マレーシア代表と戦いました。
シリアと勝ち点・得失点差で並ぶも総得点差で2位だった日本にとっては、勝つことはもちろん、大量得点差で勝つことが求められていました。
最低2-0。5点差付ければ上々。そういった感じで試合を観戦していましたが、立ち上がりがひど過ぎですね。センターバックとボランチのパスミスがあり得ないほどひどく、TVの前で文句たれてました。東のパスを原口が受け、こぼれたところを右SBの酒井が先制ゴール!前半のうちにセットプレーから大迫のヘディングで追加点を奪い、結果としては上々でした。後半の20分ぐらいまでに3点目を奪えれば、マレーシアも諦めて5点差が見えてくると思っていました。
後半はピッチにもなれ、マレーシアのガス欠もあり、完全に日本のペース。酒井のクロスからの原口の得点は素晴らしかったですね。そして、新戦力の斎藤にもゴールが生まれ、早々と4-0。しかし、扇原の交代が痛かった。まったくコンディションが上がっていないのか、最近精彩を書いている山村もひどい出来。大迫に代わって入った永井も何もできず、結局4-0のまま終了。
試合後には5点目が欲しかったと言っていましたが、選手の試合への入り方をもっと工夫する必要がありそうですね。試合開始時や途中交代で入った選手は全く役に立っていませんでした。身体的にも精神的にもしっかりとした準備が必要ですね。
そして、日本4-0勝利の結果を受け行われたシリア対バーレーンは1-2でなんとバーレーンが勝利。バーレーンは2位の目もあるので頑張ってくれとは思っていましたが、日本にとっては最高の結果。4点差がプレッシャーを与えたのか、まだこういう戦いに関して中東は未熟というか経験が足りないようですね。とにもかくにもこれで次のバーレーンとの最終戦を引き分け以上で自力でのロンドン切符が決まります。
なんとか本大会で見られそうです。
posted by 杉山卓也 at 20:36| Comment(1) | TrackBack(0) | サッカー小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

サッカーにもメンタルケアを!

みなさん、お久しぶりです。
そして、だいぶ遅いですが、あけましておめでとうございます!
半年ぶりの更新になってしまいました。いや、7ヶ月か。
 2012年のスポーツ界は、まずはやはりロンドンオリンピックですね。しずちゃんや猫ひろしなんかもスポーツ界を騒がせていますが、オリンピックに懸けてきた選手・関係者の努力の成果を存分に発揮してもらいたいですね。悔い無き様、しっかりできる準備をしてもらいたいですね。
 メジャーリーグも楽しみです。まずはダルビッシュ。日本でもしっかり考えて仕事をしていたので、適応も大丈夫でしょう。間違いなく活躍してくれると思います。ケガさえなければ本当に20勝近く勝てるかもしれません。次はイチロー。200本安打が途切れた翌年にどのような結果を残すのか。さすがイチローなのか、イチローでも・・・なのか。どちらの視点でも注目を集めるでしょうね。あとは和田、岩隈、チェンと一線級のピッチャーがメジャーに挑戦するので楽しみですね。和田と岩隈はいけそうな気がしますが、チェンは厳しいかも・・・。野手では青木、川崎が海を渡りますが、どうでしょうか。近年の日本人野手の低評価を覆すような活躍を期待したいですね。
 日本のプロ野球では特に巨人が派手な動きをしましたね。村田・杉内・ホールトンは間違いなく大きな戦力になるはずですから、どこも打倒巨人になるでしょうね。私の愛するドラゴンズの3連覇が見てみたい!
 それからホットな話題はテニスの錦織圭。4大大会のベスト8が当たり前になってくるような活躍をステップに頂点を視野に入れているみたいで、今年は4大大会を見るのが本当に楽しみです。
 サッカーでは、ロンドンオリンピック出場に黄信号がともっていますが、本大会出場だけは必ず叶えてほしいですね。私事ながら今年サッカーのC級コーチを取得しまして、日本のサッカーファミリーとして是非本大会での活躍を見たいと思っております。
 最後に、サッカーでのメンタルケアについての記事を見つけましたので、リンクします。
 では、また次回。
posted by 杉山卓也 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。