2008年07月07日

ナダルがウィンブルドン初制覇!

 いやあ、すごい試合でした。と言っても、私は4セット目で限界で寝てしまいましたが、試合内容が素晴らしかった。途中、何度も寝そうになりましたが、そのたびに両者のものすごいプレーに飛び起きるという感じでした。
 世界ランキング1位をずっと維持し続けているフェデラーはこれまでウィンブルドンを5連覇し、芝のコートでの連勝記録は65という芝の王者。対する世界ランキング2位のナダルは全仏オープンを今年も含め4連覇している4歳下の赤土の王者。ここウィンブルドンの決勝でも3年連続戦っているテニス界のトップ2の戦いは近年ナダルが力をつけてきており、どんどん面白い戦いになっていました。そして、今年・・・
 ナダルは決勝まで一度もセットダウンしていない王者フェデラーからいきなり2セットを奪います。序盤はナダルのペースでしたが、1セット目途中からフェデラーが調子を取り戻して互角の展開に。3セット目と4セット目は王者フェデラーの精神力を見せつけ、両セットともタイブレークながら連取で2セットオールに。その後は見てないからわかりませんが、それにしても心躍る素晴らしいプロの戦いでしたね。お金払って観たい試合でした。
 特にマッチポイントを握られながらも普段通り、いや普段よりも集中力を増したフェデラーのプレーは本当に素晴らしかったです。それに対抗したナダルの身体能力や自分のペースを最後まで貫き、自分を信じた姿勢も。
 最も得意とする芝のコートでテニスの歴史の中でも最も完成された選手といわれるフェデラーが敗れたことにより、もしかするとナダルのグランドスラム、いや年間グランドスラムさえもすぐ近くに来ているのかもしれません。それにしても久しぶりにスポーツで“プロ”の試合を見せてもらったという感想です。フェデラー対ナダル。生で観たいなあ。

中嶋一貴、英国GPでも入賞banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 16:41| Comment(0) | TrackBack(1) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102363965

この記事へのトラックバック

王者フェデラー
Excerpt: 芝の王者フェデラー敗れる王者フェデラーつぇーー(((゜д゜;)・・・ ナダルがウィンブルドン初制覇!芝の王者フェデラーか、初優勝狙うナダルか ウィンブルドンサフィン、王者フェデラーに脱帽=ウィンブル..
Weblog: ケリー・フー wikipedia 動画 画像
Tracked: 2008-07-07 19:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。