2008年09月15日

ニカラグアの怪物が新井田を止める。

ウクライナでの世界戦と合わせると、ボクシング4大タイトルマッチとなったこの日。
ウクライナではWBA世界スーパーライト級タイトルマッチが行われ、同級15位の木村登勇が王者アンドレアス・コテルニクに挑戦しましたが、大差の判定負け。
WBA世界スーパーフライ級王座決定戦は日本人対決。同級1位の名城信男が日本王者の河野公平に2−1で判定勝ちし、王座返り咲きを果たしました。判定はすべて1点差の本当に難しい判定でした。もう一度見たい対決です。
WBC世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦では、同級2位の西岡利晃が同級3位のナパーポン・ギャットティサックチョークチャイを序盤からスピードで圧倒。5度目の世界挑戦でようやく王座獲得に成功しました。足のけがを乗り越えての王座獲得。32歳ですが、少しでも防衛記録を伸ばしてほしいですね。
最後はWBA世界ミニマム級タイトルマッチ。7連続防衛中の新井田豊が最強の挑戦者、同級1位のローマン・ゴンサレスを迎えました。しかし、序盤から圧倒的な挑戦者のパワーの前に下がらざるを得ない展開。そして、第4Rで目が腫れたチャンピオンがドクターストップを受け、TKO負け。デビューから20連勝18KOの戦績は伊達ではありませんでした。それにしても7連続防衛を達成している相手にこの強さ。この先とんでもない道を歩いていくのかもしれません。

パラリンピック・テニスで国枝が金メダル!banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106617409

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。