2008年12月19日

ガンバが攻撃サッカーでマンUに善戦!

 と、タイトルには書きましたが、負けてはしょうがないけどね。
 サッカー世界クラブ選手権で、アジアチャンピオンのガンバ大阪が開催国権限でヨーロッパチャンピオンと当たれる準決勝。当然マンU絶対的有利。番狂わせが起きるなら、終盤の先制点だと思っていましたが…。
 試合は様子見ムードのマンUを尻目に自分たちの攻撃サッカーを貫こうとするガンバ。遠藤からのパスを受けた幡戸が決めていれば面白かったのになあ。前半ギグスのCKをビディッチに決められ、1−0。まあ、これで勝敗の興味は正直終わりました。そして、前半終了間際にまたもセットプレーからC・ロナウドに決められ、2−0。なんでまたこういう時間に点取られるのかなあ。
 後半開始前、テレビカメラに笑顔を振りまくC・ロナウド。馬鹿にされてる…。しかし、後半29分に山崎のゴールが決まって2−1になると、マンUの目の色が一変。直後に代わったばかりのルーニーに叩き込まれ、反撃ムードは断ち切られます。なんでまた注意しなきゃいけない時間に取られてしまうのか。日本のチームは学習能力なさ過ぎでは?そして、勢いに乗ったマンUが立て続けにゴールし、なんとスコアは5−1。日本のサッカーの恥をさらしやがってと思っていたら、まずは遠藤のPKチャンス。世界に誇るコロコロPKかと思いましたが、さすがに相手はPK得意の世界のファンデルサール。最後まで動きません。しかし、そこはPK職人・遠藤。強いボールを左隅に決め、5−2。さらに時差ぼけのせいか足の止まったマンUを尻目に攻撃を続けるガンバはロスタイムに橋本がキーパーのニアサイドを突き刺し5−3。
 試合はこのまま終了しましたが、結果的には攻撃的な姿勢を貫き、ガンバもいいパフォーマンスを見せてくれたと思います。しかし、決定力の差など、個人の差は歴然。トラップやクロスの精度など、もっと高めていかなければなりませんね。あとは試合運びの拙さ。何回も同じ失敗を繰り返しています。逆にやはり組織力や運動量などは通用することもわかったはず。世界基準で日本の立ち位置を改めて感じさせてくれる試合でした。
 次は2大会連続の日本勢3位を目指して頑張ってもらいましょう。

中日は荒木、井端、森野と5年契約banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。