2008年12月27日

浅田真央が貫禄勝ち

 全日本フィギュアスケート選手権が行われました。男子は見てませんが、織田信成が復活優勝!グランプリファイナル準優勝の小塚は2位。怪我の高橋と合わせて、約1年後のバンクーバーオリンピックが男子も楽しみになってきました。
 女子はSP1位の中野友加里が失速。1位の座を守りにいったのか、無難なプログラムでしたが、その姿勢が凶と出ました。競技者として自分の最高のパフォーマンスを発揮するのが本来の姿だと思いますが、油断というか緊張がゆるむというのか、当然いいパフォーマンスにはなりませんね。結局5位に終わります。
 安藤美姫も6分間練習で村主とぶつかるアクシデントもあってなのか、失敗もありましたが、なんとか踏ん張り3位。世界選手権代表の座には滑りこみました。しかし、気持ちを切り替えれていないのか、演技前から浮かない表情。まあいつものことですが、心理面の準備ができていないように感じます。
 そして当然のように優勝したのは浅田真央。技術的にはダントツでしたね。ただ苦手のサルコーを意識しすぎたのか、失敗したように改善の余地はありますね。
 来年の世界選手権はバンクーバーオリンピックに向けての試金石になります。そこで日本の力を見せつけて、本番でも精神的にも優位に立ちたいところですね。

飯島愛は自殺!?banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。