2006年01月02日

謹賀新年

みなさん、あけましておめでとうございます。

今年はトリノオリンピックにドイツワールドカップと大きな大会があります。自分たちの磨いてきた技や鍛えてきた身体を存分に、一番発揮すべき試合だと思います。こういう場面でこそ精神的な要素のもつ比重が大きくなり、その選手の精神力がいかほどのものなのかが問われるんだと思います。バルセロナオリンピックで金メダルを獲った岩崎恭子選手やシドニーで金メダルを獲った柴田亜衣選手などノーマークで成功を収めた選手はプレッシャーも感じず、無欲でそれらの勝利を掴んだと思いますが、本当に凄いのは金メダルを期待され、自分で獲りに行って、それを成し遂げる選手だと思います。僕はインタビュー記事なんかを読んでいて、一番精神面が凄いと思っている選手はスピードスケートの清水宏保選手です。今はあまり調子が良くないようにも見えますし、本番にどのように臨んでくるのかに注目しています。トリノオリンピックでは他にもスピードスケート選手団、特に世界記録保持者の加藤条治選手、モーグルの上村愛子選手や男女フィギュアスケートの選手たちは金メダルを期待されているでしょうし、注目しています。
サッカーは・・・オリンピックに比べればプレッシャーは少ないように思いますし、おそらくベスト16に入れなくても、まあそんなもんかといった感じなので、驚きをもって成功といえるのはベスト8進出でしょうね。僕は今のままではグループリーグ敗退だと思っており、あまり期待していませんが、ポテンシャルは十分にあると思います。もしかしてジーコが本当に凄い監督ならば、本番にチーム作りやコンディションのピークを合わせてくるかもしれません。もっと日本の特徴を生かしたチームを作れば良いのにと思うんですが・・・。どちらにせよ、日本代表の成功は一番嬉しいことなので、他の国々から称賛されるような内容のサッカーと結果を見せてもらいたいですね。

今年も宜しくお願い致しますbanner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 04:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11250748

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。