2009年02月12日

大一番はオーストラリアとドロー

 はあ。がっかりです。サッカーW杯アジア最終予選の大一番オーストラリアとの対戦はホームでスコアレスドローという結果に終わりました。
 予選突破に向けて引き分けという結果は、それほど悲観することはないですが、内容というか采配というかには進歩が感じられませんでした。あれだけ合宿して、非公開して、何をやっていたんだろう。シュートが少なすぎだし、相手の高さを意識しすぎですね。
 さらに、フィンランド戦で結果を出した国内組を差し置いて出るだけのコンディションが今の海外組にあったんでしょうか。ほとんどのミスは海外組が絡んでいたように感じます。中村俊はキックの精度がなかったし、長谷部もいまいち。松井も今日の試合はひどかったですね。
 それから1本だけいいクロスがありましたが、左サイドバックは今の日本のウィークポイントですね。相馬か阿部か左利きのスペシャリストが出てきてほしい。
 監督自らが語っているワールドカップ・ベスト4は現時点では信じることができません。進歩が見えません。今のファンはもっと現実的で、私も含めて現時点で予選リーグ敗退だと思っているでしょうね。もっと夢を見れる魅力的な強い代表チームを!

オシム〜banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114081271

この記事へのトラックバック

「術中」八九? 〜W杯最終予選・日本vsオーストラリア観戦記〜
Excerpt:  見ての通り、結構押し気味に試合を進めていましたが、残念ながら最後まで得点を奪えず。この理由を、相変わらずの“日本代表らしい"決定...
Weblog: Ali della liberta (in Stadio)
Tracked: 2009-02-12 01:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。