2009年03月12日

粟生世界奪取&長谷川初回KO防衛

 WBC世界フェザー級タイトルマッチで王者ラリオスに粟生隆寛が挑み、WBC世界バンタム級タイトルマッチで長谷川穂積が同級1位のマリンガの挑戦を受けました。
 粟生は初回から名王者ラリオスを圧倒。第4R終了時点でのポイント差は4と全ラウンドでリード。その後もダウンを奪うなど終始安定した試合運びでゴングを迎えます。判定結果を聞く前にラリオスが粟生の手を挙げるほどの圧勝でした。本当におめでとうございます。しかし、ここから長谷川のように防衛をするというのは本当に大変なこと。これで満足することなく、さらに頑張ってもらいたいですね。
 長谷川は世界1位の挑戦者マリンガをなんと1RKO。サウスポーの1位挑戦者から3度のダウンを奪い、8度目の防衛成功。なんか敵が見当たりません。すごい。目標を持ち続けることは難しいと思いますが、日本記録も視野に入っているでしょう。

ナックル姫も観戦banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115536674

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。