2009年07月06日

ロディック復活で大接戦!

 テニスの全英オープン、ウィンブルドン選手権・男子決勝が行われ、フェデラーがロディックを降し、4大大会単独歴代最多優勝記録となる15勝目を挙げました。昨年、ナダルに接戦の末敗れた悔しさを決勝の舞台で晴らし、見事な戴冠でした。
 試合はファイナルセット第30ゲームまでもつれる死闘。両者ともすごいショットと精神力を見せてくれました。特に、今回の主役はロディックでしょう。全セットで6ゲーム以上奪っているにもかかわらず敗れる結果となってしまいましたが、本当にいい試合を見せてくれました。観客も敗れたロディックに勝者以上の喝采が浴びせられました。フェデラーとナダルの2強時代が続いた男子テニス界。そこに元世界ランク1位のロディックが割り込んできそうな今回の戦いぶりでした。
 昨年の激闘といい、ウィンブルドン決勝はたまりませんねえ。

ツールドフランスで新城が5位と健闘!banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122940642

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。