2009年09月14日

イチロー、またも偉業達成!

 イチロー選手が9年連続の200本安打を達成しました。100年・1世紀を超える大リーグの記録を破りました。本当に素晴らしい。日本人として誇らしいです。
 報道ステーションで、イチローの凄さは心理的に言うと頑固なところだと鹿屋体育大の児玉教授が言っておられましたが、本当にその通りですね。この信念を貫きとおすことが素晴らしいです。日本にいたときから、その打席までのルーティーンというのは全く変わっていないようですね。打席の中でのルーティーンは他の選手もよくやっていますが、その前のウェイティングサークルでのルーティーンやさらにその前の球場への入り時間からアップ、練習までのルーティーンというのは他のスポーツを見てもなかなかいないのではないでしょうか。もちろん長くやればいいというものではありませんが、打席への準備をずいぶん前から行っているという姿勢をこれからの選手はお手本にすべきでしょうね。9年連続での偉業というのは、イチローがこれまで頑なに続けてきた準備への姿勢と無関係ではないでしょう。それまでの準備、過程というのが結局、結果に跳ね返ってくるということを本物の一流選手はよく知っています。
 それにしてもイチロー選手のインタビューはいつも興味深いです。僕もいつかインタビューしてみたいなあ。

WBCの最後の打席が一番の恐怖だった…banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 23:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 野球小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by もら at 2009年10月29日 20:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。