2006年02月07日

五輪出場選手の実力発揮度予想その1

トリノオリンピックまで残りいよいよ4日ですね。さすがにTVのニュースなどでも取り上げられ、盛り上がってきた模様です。
ここらでちょっと心理の専門家っぽいことでもしようかなと。
というわけで結果云々は関係なく、その選手がこのような大舞台で自分の実力が発揮できるかどうかを予想したいと思います。ただ、もちろん全員会ったわけがあるわけでもなく、TVや雑誌のインタビューなどからの予想になります。実際に会って話したことがある選手も10人ぐらいはいるかな。みなさんが知っている選手もいますけど、ここではとりあえず伏せておきます。

みなさんが知っているような種目や有望選手に焦点を当ててみましょう。
まずはフュギュアスケート陣。
自分の実力をフルに発揮できそうなのは村主選手。経験もありますし、ここぞという場面には強い印象。表彰台はかなり近いんじゃないでしょうか。そして荒川選手。この選手も経験がありますが、全部一人でやってきたことが吉と出るかどうかはわかりません。それでも実力は十分。ある程度の滑りができれば、表彰台もあるかもしれません。そしてミキティーこと安藤美姫選手は、まだ精神面が完成されていない印象ですし、プログラムを直前で変更したことがどう出るか分からないので、現時点ではメダルは難しいかなと思っています。ただ、そのプログラムが彼女の一番の良さの明るさや笑顔を引き出すものであったらという期待はあります。男子の高橋選手もそうですが、初出場というのは一番精神的に難しいと思いますが、それさえ上手く乗り越えられれば、能力はあるので安藤選手や高橋選手にもメダルの可能性はあると思います。

自分の実力をフルに発揮できる確率

村主章枝 … 90%
荒川静香 … 75%
安藤美姫 … 50%
高橋大輔 … 50%

トリノまであと4日banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(1) | トリノオリンピック2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

まだ18歳です。
Excerpt: 氷の上を華麗に舞う安藤美姫選手。 年齢を聞いてびっくりしました。18歳ですよ。 ...
Weblog: テレビブログ トリノオリンピック 人間ドラマ
Tracked: 2006-02-08 13:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。