2010年06月15日

日本が初戦カメルーンに快勝!

 やってくれました!久々に応援した甲斐がある試合となりました。本番前の内容・結果とも思わしくありませんでしたが、本番では岡田監督の結果を求めたリアクションサッカーが功を奏しました。
 本田を得点を奪うためでなく、ボールを納めるターゲットマンとして用いる守備的な戦術でしたが、その本田が得点を取ってくれました。本田が得点後にチームのことを思い、ベンチに向かったのは一体感を高めましたね。本田は中田英より大人でした。それにしても両サイドの松井・大久保やアンカーの阿部、高さのある攻撃を跳ね返し続けたCBの中澤など本当にチーム全員が頑張ってくれました。
 ただ結果がうまくいったからといって、そのままのメンバーを起用するのは危険だと思います。今度は高地ではなく平地での試合となりますし、高地での試合で出場したメンバーは疲労がたまっているかと思います。リアクションサッカーの得意な岡田監督も違うメンバーで臨むのではないでしょうか。オランダ相手には、中盤を機能させず、プレスで奪ってからのショートカウンターが一番有効でしょう。特にスナイデルを抑えることが絶対条件になります。勝つためには、スナイデルに今野あたりをマンマークにつけるのが得策かと思いますし、裏に抜けるスピードを持った森本や岡崎をトップに入れたいところですが、岡田監督はどういう戦略を取ってくるんでしょう。
 あと岡田監督もミーティングで話していたようですが、韓国の結果も勇気や意欲をかきたててくれたのではないでしょうか。韓国はパクチソンやパクチュヨンを中心に本当に自信を持って臨んでいるように見えますし、予選リーグを突破できそうな感じです。日本も負けていられません。
 日本人もきれいなサッカーを求めているとは思いますが、この持ち上げ方、盛り上がり方を見るとやはり内容より結果なんだなと感じますね。視聴率も良かったみたいですし、国内でのサッカー人気が盛り上がるといいですね。

で、相撲協会はなぜ水を差す?banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/153344522

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。