2006年06月29日

6/12日記

この日はゲルゼンキルヘンでチェコ−USA戦。
午前中は、そのチェコの主力であるコラーとロシツキーが在籍するボルシアドルトムントのホームスタジアムを観に行ってきました。ここで試合を観る予定はなかったので、スタジアム詣でに。残念ながら、中には入れませんでした。その後、ドルトムントのファンショップへ。
PICT0033.JPG
ヴェストファーレンスタジアム
PICT0034.JPG

ドルトムントファンショップ


さあ、いよいよ試合会場に。日本戦も行われるので、早めに会場に行って会場のテレビで観戦することに。そして、俊輔のというか高原アシストの疑惑のゴール!ま、正直言ってファールでしょうな。しかし、ジーコの消極的な選手交代により、じりじり後退。勝ち点3を取りにいったんでしょうが、守りに行くのが早すぎです。どうせ、そんな練習もしてなかっただろうし。一度守りに入った気持ちを立て直すのは骨の折れることです。同点で向こうのほうは勢いづいていますし。ジーコは心理学をわかっていませんね。結局、日本というかジーコがオーストラリアに1-3で敗れて終戦。予選勝ち上がりも絶望でしょう。あ〜あ。
さあ、気を取り直して目の前の試合に集中だ。実はロンドンでこんなものを買っていました。有名なイギリスのブックメーカーであるウィリアムヒルでチェコの2-1の勝利、ロシツキーの試合のファーストゴールに1ポンドずつ賭けてきました。
CA260055.jpg

これで試合も気合が入るぞー。
さて、スタジアムは前回に引き続き球技専用スタジアム。いい感じです。いよいよ今大会はじめてのキックオフを迎えました。
PICT0039.JPG

試合のほうは、アメリカも強いんですが、ほぼベストメンバーのチェコが前半5分にコラーのヘディングシュートで先制!ん、賭けは外れたがまあいいか。もう1つあるし。そして前半36分そのロシツキーがゴール!一歩遅かったかあ。しかし前半終了間際、チェコにとっては悪夢の事態が・・・。
PICT0041.JPG

これはまずい・・・。チェコの攻撃はコラーが巨体を生かしての強さを生かしたキープで、ネドベドやロシツキー、ポボルスキーなどの2列目が前を向いて飛び出していくというスタイル。チェコの戦術の核と言っていいコラーの離脱は今後に不安を抱かせました。
しかし、その後もアメリカに危ない場面を作られながらも、またもや我がアーセナルに移籍が決まっているトマシュ君が3点目!あれっ、2-1予想も外れちゃったか。そして、終了のホイッスル。チェコはベストメンバーなら強いのはわかっていたけど、控えの層が薄いのが気がかり。
PICT0043.JPG

明日からは友達と別れて一人旅だなあ。以降次回に続く。

1日1クリックお願いします!banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006W杯ドイツ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20019194

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。