2006年07月05日

6/15日記

この日はベルリンからドレスデンへ。ベルリンのホテルをチャックアウトする際、店員に「日本は前回は良かったのに今回はどうした」と言われてしまいました。返す言葉もございません。いや、「監督が無能だ」と言っておきました。まったく肩身の狭い思いを”やつ”のせいでと思うと気が滅入る。日本代表のユニフォームを誇らしく着たかったよ。
次の日にオランダ−コートジボアールがシュトゥットガルトで行われるため移動だけになるので、この日のうちにドレスデン観光を終わらせておきたい。移動は割とスムーズに行き、ドレスデンに到着。世界遺産を見ることもそうだけど、ここドレスデンでの目的は、僕の好きなチーズケーキを食べることと、お土産にバウムクーヘンを買うことでした。まずは「地球の歩き方」に載っているドレスデンオリジナルチーズケーキというアイアーシェッケを堪能。でも日本の美味しいチーズケーキには到底及ばない感じ。まあ美味しかったけどね。
アイアーシェッケ.JPG

その後、本場のバウムクーヘンを買いにクロイツカムへ。これが思ったより高くてびっくりしましたが、まあ仕方ない・・・。で、帰国後に食べましたが、なかなか美味しかったですよ。
そして、今回唯一訪れる旧東ドイツの都市であるドレスデン散策をしていたんですが、観光地と化していて、あんまり名残は感じられませんでした。今回ライプチヒに行った友人は、廃墟などが数多くあって、町全体が重い雰囲気だったらしいです。
スーパーマーケットでは、ここが本場だろうと思い、ハーゲンダッツのアイスクリームを買い、食べてみたが、カップにはmade in Franceの文字。なんじゃそりゃ。夕食もスウェーデン−パラグアイをTV観戦しながらW杯特別メニューのスープとミートボールを堪能しました。美味しかったあ。帰りにはジェラートを買って食べながらホテルへ戻りました。それにしても、深夜0時だというのに、なんでいつもみんなまだカフェなどにたむろっているんだ???仕事は大丈夫なのかねえ。かくして、ここエルベ川をたたえる水の都ドレスデンは、今回僕が訪れた町で一番お気に入りの街となりました。ここなら住んでもいいなあ。
ドレスデン1.JPG
ドレスデン2.JPG

この日で単独紀行は終了。翌日からは友人と合流です。以降次回に続く。

フェネルバハチェの監督!?banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006W杯ドイツ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。