2006年08月07日

F1ハンガロリンクでバトンが初優勝!

F1ハンガリーGPでホンダのバトンが114戦目という史上3番目の遅さで初優勝を飾りました。おめでとう!この優勝はホンダにとっても復帰後の初優勝であり、純正ホンダとしても39年ぶりの美酒をもたらすことになりました。
今回のレースはF1で一番抜きにくいコースと言われるハンガロリンク、ウェットコンディション、チャンピオンシップを争っているアロンソとM・シューマッハーのペナルティーによる予選出遅れという非常に複雑で荒れることが充分に予想できる展開でのレース開始となりました。そして、ライコネンのクラッシュやアロンソのリタイア、フェラーリの不調などにも助けられた格好で大英帝国のプリンスが初優勝!
最近は、新車を発表しても続くスーパーアグリの不振や、優勝する面子が変わらないことが理由からか、あまり観ていても楽しくありませんでした。今回も実は途中で寝ちゃったんですけど、残り5戦興味深く観れるようなレースを期待したいですね。

左近はちょっと厳しいんじゃ・・・banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22049037

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。