2006年09月11日

皇帝ミハエル・シューマッハー引退

F1イタリアグランプリがモンツァサーキットで行われ、現在ランキング2位のミハエル・シューマッハーが優勝。チャンピオン争いトップを走るアロンソはリタイアし、ついに2ポイント差。優勝争いは混沌としてきました。
そして・・・去就が注目されていた皇帝から出た結論は「今季限りでの引退」でした。予想されたこととは言え、やはり寂しいですね。アロンソは速いけど、それに立ちはだかる高い壁を続けてほしかったです。個人的には、判官びいきなため、シューマッハーはあまり好きなドライバーではありませんでしたが、本当に強すぎたぐらいのドライバーです。セナとプロストを足して2で割ったような完璧なドライバーと言っていいほどドライバーとしての完成度はずば抜けて高いと思っています。
フェラーリの本拠地での怪気炎。残り3戦となって激しさを増したチャンピオン争いに、ミハエル・シューマッハーが最後の意地とプライドを賭けます。

次はライコネンの番だ!banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。