2006年09月26日

中日ドラゴンズ、サヨナラ勝ちでM11

今日は今期初めてナゴヤドームに野球観戦に行きました。友人と行ったんですが、前売りの段階では外野の中日側とレフト側共に2席連番では空いてなく、ビジターの横浜応援席で応援していました。周りにはもちろん横浜応援団も居ましたが、中日の応援も多数。
試合はT・ウッズの2ランで幕開け。その後、横浜の小池、ウッズの2本目、吉村とソロホームラン。1試合で4本のホームランが見れるとは。しかし、中日先発の中田はあまり調子良さそうじゃありませんでしたね。まあ調子悪いなりにも試合を作ったところはさすがですが。酷いのは中日中継ぎ陣。中田に代わった鈴木はピリッとせず、続く平井は打たれに出て来ただけ。8回1アウトから投入された岩瀬も火を消しきれず、同点に追いつかれます。そして試合は延長へ。
横浜の選手で見たかったクルーンが10回から登板。が、まだ復帰間もないクルーンは制球がままならず、荒木をフォアボール。井端はフィルダーズチョイスでノーアウト1・2塁でバッターはダントツ首位打者の福留孝介。打った打球は前進守備のセンターの頭上を抜け、サヨナラーーー!!!
阪神はなかなか負けてくれないのでマジックは11。今週末はいよいよ最後の竜虎対決。甲子園で3タテ食らったら黄信号ですね。1つでも勝てば大丈夫じゃないでしょうか。心配なのはこの日も打ち込まれた中継ぎ陣。リーグは何とか逃げ切れても、このままでは日本シリーズではまずいですぞ。

巨人・阪神に勝ち、中日・堂上兄弟誕生。banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 生観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24479731

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。