2006年10月08日

最後の鈴鹿でシューマッハーの王座奪還遠のく

とりあえず来年は開催されないこととなった鈴鹿でのF1。チャンピオン争いに向けて非常に重要な戦いとなりました。予選ではフェラーリ、トヨタ、ルノー、ホンダと2台ずつ前から並ぶスタートグリッドでシューマッハー有利と思われました。
決勝では、トヨタの相変わらずの作戦ミスもあり、アロンソがさすがの走りを見せてシューマッハーに続く2位まで上がってきます。しかし、M・シューマッハーがエンジンブローでまさかのリタイア。転がり込んできた1位の座、そして10ポイントの差をアロンソはそのまま掴み取り、見事大事な一戦で優勝!
この結果によってアロンソが最終ブラジルGPで1ポイントでも取れば2年連続の優勝が決定。M・シューマッハーが逆転王座を掴み取るためには、自らの優勝とアロンソの9位以下という条件をクリアしなければならず、非常に厳しい状況となりました。一応逆転Vの可能性は残されているものの、ここ鈴鹿で事実上チャンピオン決定ということになってしまったのか。しかし、アロンソにも今回のシューマッハーと同じ事が起きる可能性も否定できず、最後まで行く末を見届けたいと思います。

岩瀬、連続40セーブでM3banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 19:50| Comment(2) | TrackBack(8) | モータースポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
ミハエル、まさかのエンジンブローでしたね・・。
毎年ドラマを見せてくれた鈴鹿には感謝です。
Posted by mintslife at 2006年10月08日 20:32
mintslifeさん、コメントありがとうございます。
残念でしたねえ・・・。最後ぐらいはマシントラブルなんかではなく、ドライバー同士の腕の勝負で決着をつけさせてあげたかったです。鈴鹿はなんとかまた開催してもらいたいですね。日本で2つ見れれば最高なんだけど・・・。
Posted by 杉山卓也 at 2006年10月09日 16:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

F1 日本GP 決勝
Excerpt: 鈴鹿サーキットで開催されたF1シリーズ第17戦 日本GPは、5番グリッドからスタートしたルノーのF.アロンソが優勝し、今期7勝目をあげた。 フェラーリのM.シューマッハはエンジンブローでリタイア。 ..
Weblog: mints life
Tracked: 2006-10-08 20:30

F1第17戦日本GP決勝結果
Excerpt: FIA Formula 1 World Championship Japanese GP 決勝 結果はこちら レポートはこちら レポートはこちら F1第17戦日本GP予..
Weblog: Blog Epsilon
Tracked: 2006-10-09 15:58

日本GP 2006.10.6-8
Excerpt: 予選で絶好調のBSタイヤは決勝ではそのアドバンテージを失っていた。 原因はおそらく路面温度だ。ウィリアムズとトヨタから温度が低下したせいではないかとの・・・
Weblog: なんか面白い事な〜い?
Tracked: 2006-10-09 17:01

F1 日本GP 決勝
Excerpt: F1第17戦は、いよいよ日本GP。 20年目にして、最後の鈴鹿サーキット。 皇帝シューマッハは2番グリッド。 王者アロンソは5番グリッド。 快調にトップを独走していたシューマッハは..
Weblog: グレート・タカの徒然なるままに…
Tracked: 2006-10-09 17:05

2006F1 Rd.17 日本GP 決勝結果(ミハエルまさかのエンジンブロー)
Excerpt: 2006年F1世界選手権第17戦日本GP決勝は三重県鈴鹿サーキットにおいて、気温は24℃、路面温度29℃、湿度36%、晴れ、ドライコンディションの下いよいよスタートの時を迎えた。 レ..
Weblog: にこらすの徒然なるままに・・・part2
Tracked: 2006-10-09 17:29

F1 日本GP結果
Excerpt: 暫くサボってしまっていましたがフジテレビの地上波では当Blogでも何回か取り上げているCanCamのモデルさんが出演しているということもあり、今度ばかりは見逃すわけにはいかないということで、地上波の方..
Weblog: tomockyのスピード星通信
Tracked: 2006-10-09 19:06

F1日本グランプリ 決勝
Excerpt:    F1第17戦日本GPの決勝が鈴鹿サーキットを舞台に行われ、ルノーのフェルナンド・アロンソが逆転で優勝。2位にはフェリペ・マッサ(フェラーリ)が入り、3位にはジャンカルロ・フィジケラ(ルノー)。..
Weblog: サムシング・ベター・チェンジ  
Tracked: 2006-10-10 08:42

健闘ライコネン5位F1日本GP決勝<銀河帝国マクラーレンの野望>
Excerpt: エビちゃんのライコネンへの応援は嬉しい! それにしてもフジテレビの中継、コメンタリー陣17人は多すぎ。 ライコネンは、最初は9位。ミハエル・シューマッハを先に行かせ1ー2体制を作るフェラーリが有利..
Weblog: V35スカイラインクーペが欲しい!
Tracked: 2006-10-13 22:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。