2012年02月23日

サッカー五輪代表、ロンドンに向け大きく前進!

ロンドンオリンピックを目指すサッカーU23日本代表が同じくU23マレーシア代表と戦いました。
シリアと勝ち点・得失点差で並ぶも総得点差で2位だった日本にとっては、勝つことはもちろん、大量得点差で勝つことが求められていました。
最低2-0。5点差付ければ上々。そういった感じで試合を観戦していましたが、立ち上がりがひど過ぎですね。センターバックとボランチのパスミスがあり得ないほどひどく、TVの前で文句たれてました。東のパスを原口が受け、こぼれたところを右SBの酒井が先制ゴール!前半のうちにセットプレーから大迫のヘディングで追加点を奪い、結果としては上々でした。後半の20分ぐらいまでに3点目を奪えれば、マレーシアも諦めて5点差が見えてくると思っていました。
後半はピッチにもなれ、マレーシアのガス欠もあり、完全に日本のペース。酒井のクロスからの原口の得点は素晴らしかったですね。そして、新戦力の斎藤にもゴールが生まれ、早々と4-0。しかし、扇原の交代が痛かった。まったくコンディションが上がっていないのか、最近精彩を書いている山村もひどい出来。大迫に代わって入った永井も何もできず、結局4-0のまま終了。
試合後には5点目が欲しかったと言っていましたが、選手の試合への入り方をもっと工夫する必要がありそうですね。試合開始時や途中交代で入った選手は全く役に立っていませんでした。身体的にも精神的にもしっかりとした準備が必要ですね。
そして、日本4-0勝利の結果を受け行われたシリア対バーレーンは1-2でなんとバーレーンが勝利。バーレーンは2位の目もあるので頑張ってくれとは思っていましたが、日本にとっては最高の結果。4点差がプレッシャーを与えたのか、まだこういう戦いに関して中東は未熟というか経験が足りないようですね。とにもかくにもこれで次のバーレーンとの最終戦を引き分け以上で自力でのロンドン切符が決まります。
なんとか本大会で見られそうです。
posted by 杉山卓也 at 20:36| Comment(1) | TrackBack(0) | サッカー小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by しょうがい at 2012年05月30日 10:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。