2006年10月22日

日本シリーズは1勝1敗に

中日の先勝で迎えた第2戦。1戦目をエース川上の好投や井端の好守備など中日らしい勝ち方で獲った影響が上手く出てくれれば・・・2戦目もいける!問題は相手先発投手の八木。
八木は中日先発のベテラン・山本昌と似たタイプで1つ1つのボールをとれば、そんなに取り立てて素晴らしいという球は無いと思います。それでいて、この素晴らしいピッチングができるのはなぜなのか。答えは物怖じしない勇敢さでしょう。彼は自分が追い込まれた状況でもしっかりと内角をついたり、腕を振り切ったりということができる投手。迷いが無ければ球も生きてきます。井端にホームランを打たれ、各打席で粘られても根負けせず、福留にホームランを打たれた後も果敢に内角を攻める勇気。そして、僕がターニングポイントになったと思った5回のプレー。無死1・2塁でバッター山本昌が3塁線にバント。悪くないバントを八木が素晴らしいフィールディングで3塁をフォースアウトに。決断力と冷静さ。敵ながら天晴れなプレーでした。
対して中日の方はと言うと、それほど選手に落ち度はなかったように思いますが、7回の谷繁の1塁悪送球は結果的に痛かったですね。それにも増して監督の出るタイミングが悪すぎる。そのままの流れで良い時にわざわざマウンドに出て行き、流れを止め、自軍の投手に余計なプレッシャーを与えていました。あの人は心理というものがわかっていませんね。
これで日本シリーズは1勝1敗のタイ。新庄や森本が普段通りに、いや普段以上に躍動しチームを引っ張る姿と、北海道に勝って乗り込む流れが日本ハムに有利な気がします。中継陣では分が悪いですが、先発投手と攻撃陣は中日優勢だと思うので、なんとかチーム力を生かして名古屋に帰ってきて欲しいと思います。

メイショウサムソンはやはり3冠ならずbanner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(3) | 野球小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25970474

この記事へのトラックバック

日本シリーズ第2戦 ファイターズが勝利
Excerpt: 日本シリーズ第2戦は、5-2で日本ハムが勝利し、1勝1敗の五分に戻した。 勝: 八木 1勝  S: マイケル 1S 負: 山本昌 1敗 本塁打: 井端1号、福留1号、セギノール1号 初..
Weblog: mints life
Tracked: 2006-10-25 17:55

“山本昌痛恨の1球でシリーズ初勝利ならず、日本ハムに逆転負け”2006年プロ野球日本シリーズ第2戦試合結果
Excerpt: ●中日2−5日本ハム○(井端、福留のホームランのみ) 2006年10月22日(日)ナゴヤドームで中日ドラゴンズ対北海道日本ハムファイターズ、2006年プロ野球日本シリーズ第2戦が行われた。中日の先..
Weblog: DRAGONS-VICTORY
Tracked: 2006-10-25 19:31

7回がすべてでしたね
Excerpt: 今日の最初の経過チェックはPM8:00過ぎ。 2-1で勝っていてマサさんも無事だったので、 思わず小躍りしました。 しかしその後はチェックする度に、 流れは悪くなっていきます。 そして7回表..
Weblog: スポーツ歩き
Tracked: 2006-10-25 20:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。