2006年10月27日

普段通りの日本ハムが日本一

第4戦が終わった時点で覚悟をしていました。相手は初戦敗戦投手となって雪辱を期し、気合の入っているダルビッシュ。シリーズ全体を見ても北海道日本ハムにはモチベーションを高める理由がありました。
パリーグで一番遠ざかっている44年ぶりの日本一。
北海道初となるペナントの奪取。
金村投手の雪辱の舞台。
そして、新庄のラストダンス。
それらの動機に加え、日本ハムには新庄がいました。彼は戦前に言っていた通り、のびのび楽しんでプレーしていました。新庄が発散するリラックスムードが森本に伝わり、さらにチーム全体へ。本当に若い選手が多い中しっかりと実力を発揮していましたね。さらに、ほとんどの選手が日本シリーズを経験していない中、稲葉や岡島がいい働きをしていました。北海道の応援席も凄かった。本当に日本ハムが色んな努力をして北海道に根付いているんだなあと感じました。すばらしい。北海道の皆さん、本当におめでとうございます。
翻って、中日はどうなのか。投手陣はシーズン通りの普段の力を発揮していたと思いますが、打者陣は沈黙。打っていたのは谷繁と井上ぐらいか。その谷繁にしても第3戦の初回田中の送りバントを日本一経験者のベテランらしからぬフィルダーズチョイス。結果として、僕はこのシリーズの勝敗を決したプレーだったと思っています。そして、なんと言っても監督の力量でしょうね。特に北海道に入ってから打順を毎日入れ替えるなど気持ちの揺れ、迷いが感じられました。選手も敏感に感じ取っていたと思います。インタビューでも普段通りの野球と言っておいて、一番普段通りでなかったのが監督でしょうね。投手交代でも、いい流れを持続させること、悪い流れを断ち切ることに対して、間違った方向の対処をしていたように思います。自分の気持ちのことはわかるんでしょうが、偉大な大打者だっただけに他人の気持ちまでは考えが及ばないんでしょうね。なんでも進退伺いを出しているようですが、選手にどうしても辞めないで欲しいと思われているんでしょうか。甚だ疑問です。マルティネスや佐藤充などいい投手も結局使わずじまいでしたね。シーズン中から調子の良くない中継ぎ陣に代わり、どんどんいい投手をつぎ込むべきだったと思いますが・・・。今年は勝てると思っていただけに残念です。しかし井端の好守備などいいプレーもありました。選手は精一杯のことをやったと思います。
本当に両チームのみなさんお疲れ様でした。そして、いつでもファンのことを一番に考えてきた新庄選手。本当にお疲れ様でした。今まで精一杯プロ野球を盛り上げてくれてありがとう!

来年こそは日本一遠ざかっている日本一にbanner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 00:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

北海道日本ハム、44年ぶり日本一
Excerpt: 勢いのまま、押し切った。 プロ野球日本シリーズ第5戦は、北海道日本ハムが4−1で中日を破り、通算4勝1敗として44年ぶりの日本一に輝いた。 その瞬間、というより試合終盤で既に、新庄は泣いていた。ウ..
Weblog: 虎哲徒然日記
Tracked: 2006-10-31 10:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。