2007年06月11日

ハミルトン初優勝&琢磨2度目の入賞!

F1グランプリは中盤戦に差し掛かり北米ラウンドを迎えました。
カナダで行われた第6戦。PPを奪ったのはマクラーレンの新人ルイス・ハミルトン。琢磨も11番グリッドにつけました。
レースではPPからスタートしたハミルトンとアロンソが第1コーナーの取り合い。しかし、ダーティーな走路を走っていたアロンソがコースアウトし、3位に転落。レースはセーフティーカーが出ること4回、失格者も出る大波乱。その中で常に冷静な走りを続け、新人らしからぬ落ち着いた走りで見事ハミルトンがポールトゥウィンを飾りました。黒人ドライバーとして初めての優勝のことですが、そんなことは置いておいても素晴らしいドライバーですね。琢磨もアロンソを抜く場面を見せるなどの果敢な走りでスペイングランプリに続く入賞!いやあ、素晴らしいレースでした。
それにしてもハミルトンはすごいですね。この冷静な走りはA・プロストを思い起こさせます。アロンソも素晴らしいドライバーで、2人ともマクラーレンということもあり、90年代のセナ・プロ時代を思い起こさせるような夢のようだけれども危うい関係になるかもしれません。これから2人の争いが楽しみですね。ライコネンも頑張れ!

ナダルが全仏テニス3連覇!banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 19:06| Comment(0) | TrackBack(1) | モータースポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44534564

この記事へのトラックバック

F1カナダGP 決勝
Excerpt: いや〜大荒れのレースでした。 フジテレビ721で観戦していましたが、終わったのが4時過ぎ。(汗) F1カナダGP 決勝リザルト >> (GP UPDATE.NET) 優勝はマクラーレンの..
Weblog: mints life
Tracked: 2007-06-12 12:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。