2007年07月09日

フェデラー、薄氷のウィンブルドン5連覇達成!

テニスの4大大会の1つであり、その中でも最も価値があるとされるテニスのウィンブルドン選手権。
女子シングルスはビーナス・ウィリアムズが復活優勝。それにしても女子は誰が勝ってもおかしくないような有力選手がひしめく戦国時代の様相ですね。一人ずつ武器が違うのも観ていて面白いです。
女子ダブルスでは杉山が決勝まで進みましたが、優勝にあと一歩届かず準優勝に終わりましたが、よく頑張ってくれました。やはりボレーの上手い杉山愛はダブルス向きなんでしょうね。アテネオリンピックでは期待しています。
そして、男子シングルスでは史上4人目となる大会5連覇が懸かるスイスのロジャー・フェデラーがライバルのナダルと決勝で対戦しました。
フェデラーは芝のコートで行われるウィンブルドンで4連覇しており、他のハードコートで行われる大会でも強さを誇っているストローク、サーブ、ボレー・・・何をとっても大きな穴は見当たらないテニス史上最も完成されたプレーヤーと言われています。
対する赤土の王者と言われるナダルは先のクレーコートで行われる全仏オープン決勝でフェデラーを破っており、さらに昨年のウィンブルドン決勝にも進んでいる類稀なる運動能力を持つストロークとスタミナが持ち味のプレイヤー。
今大会ではフェデラー有利と言われながらも、クレーコート以外でも着実に進化しているナダルがどこまで迫れるかが焦点でした。そして、試合は・・・期待に違わず、物凄い好勝負。全仏オープンでも立場が逆で赤土の王者ナダルにフェデラーが挑む形で、最後はナダルがフェデラーを接戦の末下しましたが、今回もやはり予想通り大接戦となりました。2度のタイブレークを制し、フルセットまでもつれ込む接戦をものにしたのは王者フェデラーでした。
試合後のインタビューでフェデラーが言っていた通り、少しだけ運がフェデラーにあったのかもしれませんが、それにしても際どい戦い。もう2人の戦いは大熱戦必死ですね。これで完全なる2強時代になったかなという気がします。まだ若いナダルにその完璧なまでの技術でまだまだ立ちふさがって欲しいフェデラー。本当に素晴らしい戦いをありがとう!そして5連覇おめでとう!

サッカーU-20W杯で日本が予選1位突破!banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 15:10| Comment(1) | TrackBack(0) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。男子決勝戦はホントにタフな試合で、寝れませんでした。4セット目が終わった時点では運にも見放されたフェデラーが窮地に立たされていましたが、あそこからの逆転劇には感動すらしました。
Posted by みしま at 2007年07月20日 01:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。