2007年09月05日

陸上世界選手権総括

「世陸」が終わりましたね。日本勢のメダルは健常者に限れば、女子マラソンの土佐礼子が手にした銅メダル1つに終わりました。正直に言って惨敗と言っていい結果でしょう。
特に大会前に有力・有望選手と紹介された選手は総じて本来の力を発揮できなかったように思います。出来たのは男子マラソン・女子マラソンの選手たちぐらいでしょうか。まあ、彼らには1つの種目に有力選手が複数存在するということが他の種目とは大きく違うことだと思います。
期待された男子ハンマー投げの室伏広治、男子400mハードルの為末大、男子200mの末続慎吾、男子棒高跳びの沢野大地、女子走り幅跳びの池田久美子・・・。本来の力を発揮できなかった原因は色々考えられると思いますが、戦前はそれほど期待されなかった選手たちが自己ベストなどを出して健闘しているところを見ると、やはり精神面は大きな原因の1つであることは間違いないと思います。メディアに大きく取り上げられプレッシャーになったこともあるでしょうし、自分で自分に大きなプレッシャーをかけていた面もあるでしょうし、メディア対応に追われて練習時間の確保やコンディショニングの面にも大きな問題があったと思います。
それから運営面に目を向けても、男子50km競歩では誘導員が信じられないミス。東京オリンピック招致には大きな影を落としたことになります。さらに観客動員や視聴率などもあまり芳しくなかったのではないでしょうか。私も現地に行って見ようとも思ったのですが、なんせチケットが高い!それほど日本で人気があるとは言えない陸上競技のチケットに、「えっ、こんなにするの?」と驚いた人は私のほかにもいるはず。県大会程度のレベルであれば、タダで見れるところが多いと思います。さらに、日本人が活躍できなかったことで、「行かなくて良かった」とも思ってしまいました。世界のアスリートの真剣勝負を見る機会は本当に貴重だと思いますが、結局、世界新記録なども出ず、飛び抜けたスーパースターもいなかった今大会。正直な感想としては、例年に比べて、あまり面白くなかった、ということになります。
日本としてやることはただ1つ。野球やサッカー、相撲、マラソンなどが高い視聴率を誇り、これほどの国民関心事であるスポーツにもっと国をあげて取り組まねばならないということです。先進国でこれほどスポーツに力を入れていない国はありません。国内で行われるオリンピックの際は大幅な強化費アップがあり、それによって選手・関係者は様々なことができるようになります。遠征費用になってより多くの経験を積むこともできるでしょうし、新たなスタッフを雇うことも出来るはずです。そして、それは結果にも表れています。
みんなの力で日本のスポーツに力を!

日本にもスポーツ省が必要!?banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 17:34| Comment(1) | TrackBack(1) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然のコメント失礼いたします。
ブログ拝見しました。とても素晴らしいブログですね。
これ、作るのすごい時間かかったんじゃないでしょうか?
内容も充実してますし、ブログ作るのも大変ですからね。
私もブログ作っていますので、ブログ作りの大変差も楽しさも
わかってます。すごく良いブログだったので、思わずコメント
してしまいました。また、じっくりと過去の記事なども読ませていただきます。
Posted by ナンパ師 at 2007年09月06日 14:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

宮塚英也の8週間で誰でもトライアスリート
Excerpt: 経験者として購入しました。トレーニングメニューは、やはりある程度時間がとれないと厳しいとは思いますが、スポーツが全くの方がこれで始めるのは少し厳しいと思います。多少の心得、特に水泳は泳げるのが前提にな..
Weblog: スポーツをあげる
Tracked: 2007-09-15 18:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。