2007年09月27日

巨人−中日 最終決戦

ペナントレースも大詰め、セ・リーグの覇権を争う巨人と中日の最終戦が行われました。1ゲーム差で首位に立つ巨人とマジック7が点灯している2位・中日。この試合を迎える前の時点で有利不利はないがっぷり四つの状況。最終戦を勝てばセ・リーグの覇権にグッと近づきます。
その緊迫した状況で迎えた初回、中日は巨人の先発・高橋尚を打ち込み、森野の3ランなどで一気に4点を先取!俄然有利かと思いましたが、序盤に巨人が大胆な采配と小刻みな加点で中日に追いつきます。そして、巨人の投手陣も、このところ調子のいい先発要員の野間口がロングリリーフで中日に追加点を与えません。この気迫伝わる好投が巨人攻撃陣にもいい影響を与えます。伏兵・脇谷のホームランで勝ち越した巨人は高橋由にもホームランが出て決着。最後も上原に締められ、優勝へのマジック7が点灯しているとはいえ、7試合を1敗もできないような非常に苦しい状況に追い込まれました。
この日の勝敗は監督の采配の違いでしょう。中盤の勝負どころで朝倉に代打を出せなかった落合監督と早い回に高橋尚を代え積極的に仕掛けた原監督。追いついたところで勝負ありましたね。
落合監督はやはり短期決戦には向いていないような気がします。昨年の日本シリーズもペナントレースと同じように戦い敗れていますが、学習しているんでしょうか。このままでは、また中日の日本一は期待薄です。

ヤンキースはプレイオフ、浦和はアジアベスト4へbanner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/57517346

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。