2007年10月22日

ライコネンまさかの大逆転王座!

F1今季最終戦。ブラジルで行われた戦いでは3人のドライバーに今シーズンのチャンピオンのチャンスが残されるという史上かつてない激しいチャンピオン争いを象徴するようなドラマティックなレースでした。とは言ってもハミルトンが断然有利。チャンピオンシップポイント2位のアロンソに4ポイント差、同3位のライコネンに7ポイントの差をつけていました。これはハミルトン自身が6ポイントを獲得する3位以内に入れば他のドライバーの結果に関係なくチャンピオンを獲得できることを意味し、マシントラブルなどがなければ、それほど難しくないタスクでした。
レースはスタート直後にいきなり動きます。予選2位のハミルトンが同じく3位ライコネン、4位アロンソに抜かれます。これに焦ったハミルトンがさらにミスを犯し8番手あたりに落ちます。徐々に落ち着いてきたのか本来のペースで番手を上げるハミルトンにまさかの神の悪戯。中盤でギアが入らず、ペースダウン。一気に14番手あたりに落ちます。ここでリタイアではないのがミソですねえ。
トップ争いはフェラーリの1・2体制は崩れず、1位マッサ、2位ライコネンは変わらず、アロンソは置いてきぼり。しかし、このまま終わればアロンソが年間王座に。しかしこのドラマはそれでも終わらず、母国グランプリに燃えるマッサを2回目のピットストップ前の猛チャージで逆転したライコネンがトップに!この時点でライコネンが年間王座に近づきます。ただハミルトンが5位以内に入れば、これまた逆転となるという本当に誰かが脚本を書いたようなマンガのような展開。しかし、結局はハミルトンの追い上げも7位まで。まさかの大逆転でライコネンが初のワールドチャンピオンに輝きました。ライコネンは私が今季一番応援していたドライバーでしたが、逆転できるとは思っていなかったので、終わった時はちょっと呆然としていましたね。本当に何事も最後まであきらめてはいけません。
ポスト・シューマッハーの戦国時代を制したライコネン。ですが、この戦国時代は来年に続いていきます。

ラグビー世界一は南アフリカ!banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(2) | モータースポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61921857

この記事へのトラックバック

ブラジルGPライコネン優勝し逆転で年間王者
Excerpt: 今季の最終戦ブラジルGPライコネン優勝し逆転で年間王者だ 予選はマッサPPでハミルトン2番手でライコネン3番手になって アロンソ4番手でハミルトンが王者争いで有利だが分からないし 佐藤琢磨1..
Weblog: スポーツ瓦版
Tracked: 2007-10-22 18:58

ブラジルGPライコネン優勝で王者&ハタチ&黒の契約者
Excerpt: ハタチの恋人はデートしたが小説家と人違いしてると気付くも話が多過ぎで 黒の契約者は黄の過去が判明して黒は教団に潜入し教祖を抹殺の指令も 教団はアンバー組織と関連ありも黄のミスで抹殺が失敗し女性も捕..
Weblog: 別館ヒガシ日記
Tracked: 2007-10-22 21:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。