2007年11月18日

野口みずきが北京へ大きく前進

北京オリンピックへの代表選考を兼ねた東京国際女子マラソンが行われました。
レースはいきなり動きます。競技場を出る頃には先頭集団は早くも9人。10キロ地点では6人、日本勢では野口、渋井、大南、尾崎の4人が着いていました。16キロ地点からは野口、渋井、ケニアのコスゲイが先頭集団から抜け出し、3人の争いとなりました。そのまま30キロ地点までは3人がほぼ並走するような形での展開となりましたが、30キロを過ぎた辺りで野口がペースを上げ、渋井が失速。渋井はそのまま後続に抜かれ結果7位となりました。その後野口は2位のコスゲイを引き離し、2時間21分37秒の大会新記録でゴールテープを切りました。
山口衛里が持つ大会記録を破っての優勝という狙っていた結果と内容をともに出し、これで野口みずきは北京オリンピックへの出場権をほぼ手中にしました。世界選手権で優勝した土佐礼子が既に決まっており、北京への切符は残り2枚。今回の東京国際女子マラソン、大阪国際女子マラソン、名古屋国際女子マラソンの3レースで決定されますが、野口の北京オリンピック出場は今日の内容と結果、今までの実績からも当確でしょう。残る切符は1枚。誰が最後の切符をつかむのでしょうか。Qちゃんの復活はなるんでしょうか。個人的には高橋尚子に頑張ってほしいなぁ。

真央ちゃんは危なげなくGPファイナル進出banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(1) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/67394931

この記事へのトラックバック

今日はたまった本の出品作業
Excerpt: 200冊ほどアマに出品。 頭痛い。 最近、PCに向かう時間が多すぎる。 色々やってます。 今はメインがせどりだけど時機にせどりは卒業する予定。 ホントは、在庫を如何に少なくして利益を出すかと言うのを考..
Weblog: 電脳せどり委員会 せどり上がりを目指せ!!
Tracked: 2007-11-21 22:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。