2005年09月11日

スポーツ心理学会を終えて

 先ほど家に帰ってきたばかりで選挙にも5分前ギリギリぐらいに間に合いました。ふぅ。それで、金曜日から3日間早稲田大学で行われたスポーツ心理学会に参加してきました。何人かの人たちとお知り合いになることができ非常に有意義な時間を過ごすことができました。
 金曜日にはアメリカから偉い先生が来て講演をされていました。内容的にそんなに目新しいと感じることはなかったんですが、アメリカの現状を知ることができてよかったです。
 土曜日は自分の発表もあり、僕が研究しているFlowの概念について同じく研究されている人たちと意見交換ができ、ご批判などもいただき大変ありがたかったです。まだまだそのような研究者は日本では少ないですし。また、アメリカで勉強されてきた先生方ともお知り合いになることができ、私が行っている活動にも参加を承諾いただき大変嬉しく思っています。
 今日、日曜日はスポーツメンタルトレーニング指導士に関するシンポジウムとラウンドテーブルディスカッションに参加させていただき、日本のトップレベルの現場で活躍なさっている人たちの本当に貴重な体験を聞けて非常に勉強になりましたし、勇気ももらいました。また、私が発言した課題を検討事案にしてくださるということなので非常に良かったと思っています。
 毎回学会や研究会に参加して思うことなんですが、他の研究者の講演・発表や意見を聞くことで非常に刺激され、研究や心理サポートなどへのモチベーションが高まります。今回、自分がやっていることが正しい方向に進んでいるんだと感じましたし、他の心理サポートをやっている方々にも負けていないと自信を持つこともできました。スポーツメンタルトレーニング指導士の資格の認知度がまだまだ低いということなのでこのブログを通じて少しでも認知度の向上に役立てるように頑張っていきたいと思います。このブログを見て頂いているみなさんにもご協力のほどよろしくお願いいたします。
これから頑張るぞ!banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 21:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ!!スポーツ心理学で検索して遊びに来させてもらいました!!


私は将来スポーツトレーナになろうと思っていて、色々調べてるうちにスポーツ心理学がスポーツ界にとってとても大切なものと思うようになりました!!

ブックマークをさせていただきます!!
Posted by at 2005年09月12日 20:31
翠さん、コメントありがとうございます。
そうなんですよ。手前味噌かもしれませんが、心・技・体と昔から言われている中でも「心」の部分が一番遅れをとっていると思います。翠さんもスポーツ心理学を学んでより良いトレーナーになってください。
Posted by 杉山卓也 at 2005年09月13日 00:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。