2008年03月10日

Qちゃん惨敗…

北京オリンピックに向けた女子マラソンの最終選考レースの名古屋国際女子マラソンを生観戦してきました。原裕美子、坂本直子、加納由理、弘山晴美ら実力者が北京に向けての最終切符を掴み取るために集結。その中でも一番の注目は、やはり高橋尚子でした。
僕は10km地点あたりで観戦していたら、なんと先頭集団にはその高橋尚子が含まれておらず、予期せぬ展開。まあ、その時点で遅れるというのはいくらなんでも勝てるレースではないですよね。その後も一度も見せ場を作ることなく、結局27位という惨敗でした。
優勝争いの方は高橋以外の有力選手が先頭集団に残り、30km付近から駆け引きが始まります。そして、6人となった先頭集団には原裕美子、坂本直子、加納由理が残り、この中から優勝者が出るだろうと思っていました。一般参加の選手が優勝できるほど甘いメンバーではないと思っていたからです。それが33km手前でスパートしたのは招待選手でありながらマラソン初挑戦の中村友梨香。天満屋のチームメイト・坂本直子の方に注目が集まっていましたが、この21歳の新鋭がそのままトップでゴール。ちょっと停滞気味だった女子マラソン界にまたしても新星の誕生!本当に層が厚いですね。2位にも一般参加の尾崎好美と波乱の結果となりました。
これで北京オリンピックの切符の行方は、内定の土佐礼子、当確の野口みずき、そして最後の切符を争うのが今回の優勝者・中村友梨香と大阪国際女子マラソン2位で日本人トップの森本友。タイムでは森本が17秒上回っていますが、これだけの有力メンバーを抑え優勝したことに加え、初マラソンでの快挙と若さに期待で中村が選ばれるのではないかと思いますね。速報でも中村有利との情報。3人で是非北京でも日本人としての女子マラソン3連覇を為してほしいですね。期待しましょう。
そして、惨敗した高橋はレース後の記者会見で昨年8月に右ひざ半月板の手術をしていたことが判明。そして注目された引退を否定しました。しかし、本人もまさかの失速を認めており、次のレースで良い結果が残せなければ、トップレベルでの戦いは厳しいでしょうね。まさに次が進退をかけたレースになると思います。
沿道3か所で実際にレースを見てきたんですが、高橋尚子選手への期待の大きさ、人気の高さというのを地元に近いこともあったんでしょうが本当に実感しました。レース人生も最終盤。自分自身悔いのない形でやりきってもらいたいですね。

上村愛子がW杯モーグル総合優勝!banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 01:54| Comment(1) | TrackBack(2) | 生観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
発売中 止となった幻のエリカ様A Vのサンプ ル動 画ッス (`・ω・´)


発売中 止って・・・ マジ楽しみにしてたのにー!!

皆さん、サンプ ル動 画は見ましたか?見てない・・見たい!って方の為に見せちゃいますよ

エリカ様、なかなかの“シ ゴキッぷり”ですよ。この後、オ*ニーしちゃいます!
http://www35.tok2.com/home/lat1na9/


嫌そうな顔がまた最高!だんだんエ口顔へ変化しちゃいます★

このあと本番SE×!
http://www35.tok2.com/home/lat1na9/


これは、もう見た??
Posted by 発売中 止となった幻のエリカ様A Vのサンプ ル動 画ッス (`・ω・´) at 2008年03月19日 17:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

尾崎好美 陸上は、なんじゃ?
Excerpt: 高橋尚子はもうゴールしましたか?うちの地域いなかなもんで途中で中継おわっちゃ.....
Weblog: 本日のニュース
Tracked: 2008-03-10 23:41

名古屋国際女子マラソン〜挑戦の終わり〜
Excerpt: 毎回もめる女子マラソンの五輪選考。それはシステム上、枠が3人なのに選考レースが世界陸上を入れて4つある、というのが要因だが、今回はどうか。 その最後のレース、名古屋国際女子マラソンが行われた。注目さ..
Weblog: 虎哲徒然日記
Tracked: 2008-03-13 23:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。