2006年02月26日

アルペンスキー男子回転W入賞もまた4位って・・・

惜しかった。本当に惜しかった。
佐々木明、皆川賢太郎にメダルの期待もかかったアルペンスキー男子回転。佐々木選手は1本目8位、皆川選手は3位と非常にいい位置につけました。そして、2本目。1本目17位だった湯浅選手がスーパーラップでその時点でのトップに立ちます。その後もしばらく記録は破られることなく、2位で佐々木選手の出番を迎えます。最も注目を集めていた佐々木選手は限界ギリギリのところを狙った走りでしたが、少し力が入ったのか、旗門をまたいでしまい失格。しかし攻めての結果だけに致し方ないところでしょう。そして1本目3位の皆川選手は前半少し硬かったのか、安全に行ったのか、あまりスピード感がありませんでした。結果は上位2選手を残して3位。そして次の選手は失格しましたが、1本目トップのライヒがトップを守って優勝。皆川選手は3位と3/100秒差の4位に終わりました。またあと少しのところで・・・。とは言っても皆川選手4位、湯浅選手7位という結果は素晴らしいものだったのではないでしょうか。
ショートトラック男子500mも準々決勝から決勝までが行われ、寺尾悟選手が6位入賞を果たしました。準決勝で3位となり決勝に進めませんでしたが、2位に入り決勝に進めればメダルの可能性も非常にあっただけに本当に惜しかったですね。オリンピック4大会に出場した寺尾選手。最後になりそうなオリンピックを最後笑顔で締めくくってくれました。本当にお疲れ様でした。
それにしても今大会日本勢は小差の4位という結果が目立ちました。少しずつ運と実力が足りなかったんでしょうか。でもやはりそこには大きな差があるんでしょうね。
次に向けての新たなスタートを切る人や今大会で競技人生に幕を下ろしてしまう人もいると思いますが、貴重な体験になったことだけは間違いありません。そして、ここまで頑張ってきたことは色褪せません。みなさん、本当にお疲れ様でした。

ブロガーのみなさんも本当にお疲れ様でした。banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 16:46| Comment(1) | TrackBack(2) | トリノオリンピック2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

今大会初メダルは荒川静香の一番輝くメダル!

とうとうこの日がきました。トリノオリンピックでの日本人初メダルは期待のかかっていた女子フィギュアスケートの荒川静香選手。それもフィギュアスケートでは初となる金メダルです。やってくれました。ありがとう!
SPで首位と微差の3位につけた荒川選手は試合直前の表情も非常に集中しているように感じました。1つミスがあったと試合後のインタビューで述べていましたが、ほぼ完璧な内容。SPで荒川選手より上位につけたスルツカヤ選手とコーエン選手がジャンプで転倒したのとは対照的でした。日本人選手が精神的にも優れていたことを示した嬉しい出来事です。4位に終わった村主選手も目立ったミスはなく、今持っている力を出せたのではないかと思います。本当に素晴らしかった。対照的に安藤選手は4回転を成功させることはできず、結果的にはただ参加したオリンピックということになってしまいました。荒川選手や村主選手と比べて戦うレベル・姿勢になっていなかったと思います。しかし、このオリンピックという大会に参加した経験、荒川選手の金メダルに刺激を受けていることと思います。今大会には選ばれなかった他の日本人選手のためにも、この経験を糧にして進んでいくことは義務だと思います。是非頑張ってほしい。
あらためて荒川選手の滑り、素晴らしかったです。日本に久々に明るいニュースをもたらしてくれたんじゃないでしょうか。そして、みなさん本当にお疲れ様でした。

男子回転もいけいけー!banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 15:46| Comment(11) | TrackBack(63) | トリノオリンピック2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月22日

初メダルへ向け日本勢が順当発進

いよいよ注目の女子フィギュアスケートが始まりました。そしてSPを終えて、荒川選手が3位、村主選手が4位、安藤選手が8位という結果でした。
まあ予想通りというか、荒川選手と村主選手はほぼミスもなく、しっかりSPで力を出してくれたと思います。特に荒川選手は自己最高の得点を出すなど、すばらしい出来でした。自分の持ち味をしっかり出せるようなプログラムに変えてきたことが功を奏しましたね。対して安藤選手は連続ジャンプの失敗やスパイラルでの失敗もあり、8位でした。インタビューでエンジョイ度は182点と言っていましたが、本当に本心から楽しんで滑れたのかは疑問です。ただ、メダルには厳しいこの順位だからこそ、やりたいと言っていた4回転ジャンプを思い切り跳ぶことが出来そうです。
ここ最近アスリ−トの口から「楽しんで」などの言葉が良く聞かれますが、ちょっと履き違えてるんじゃないかなと感じる選手も多数います。楽しさの1つは、くしくもこの日ノルディック複合で15位に終わった高橋大斗選手が「結果が出ないと楽しめない。(今大会は)全然面白くなかった」と試合後のインタビューで述べているように、自分の競技に没頭して、うまく進んでいっていると感じることが1つの大きな楽しみであって、楽しもうと思ったら、そこにのめりこまないと競技中の楽しさは得られないような気がします。もう1つの楽しさというのはこのような大きな舞台に立てて本当に嬉しいだとか、世界のトップレベルの選手たちと競い合うのがワクワクするといった競技前の楽しさでしょう。そのような競技前の楽しさももちろん僕のFlow研究からも競技中の状態に良い影響をもたらします。どちらにしても試合後に、本心から楽しかったといえるほどのものを残すことは心理面に関わる僕らにとっての最終的なゴールの1つでしょうし、同時にそれは非常に難しいことです。
ともあれ日本勢が3位と4位にいることはメダルの獲得が濃厚となったとみていいでしょう。2人とも崩れることは考えにくいですし。フリーも自分の精一杯の演技をしてもらいたいですね。本心から楽しんだと言えるように・・・。

アーセナル万歳!banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 18:13| Comment(0) | TrackBack(13) | トリノオリンピック2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

カーリング女子代表、女王撃破に数ミリ足りず

本当にあと一歩でした。
欧州王者で今大会でもここまで総当たり戦のトップを走るスウェーデンに延長戦の末、惜しくも7-8で敗れました。第9エンドでメジャーで測定された1得点が明暗を分けました。本当に微妙な差でおそらくミリ単位の攻防だったと思いますが、スウェーデンに得点が入り、それが勝負を決しました。あれが日本のストーンならば勝利できていましたね。うーん、残念。
選手には落ち着きや冷静さ、集中力が要求される競技だと思いますが、日本の選手は良い表情をしていましたね。十分に力を出し切っているように感じました。実力的にもメダルを狙える位置にいたんだなと思います。戦略性や繊細さなど日本人の特徴にあっている競技だとも思いますしね。ただ今大会ではもう1敗もできない事態に陥りました。まだ強豪との戦いが続きますが、力を出し切れば十分に準決勝進出が可能だと思います。頑張って欲しい。
それにしてもこの表情のチェスといわれるこの競技、奥が深くて面白いですね。氷の上でなくても良いので、同じような競技をボーリング場とかに併設してやったら良いのに・・・。カーリングの映画も公開されたようですし、結構はまる人がいるんじゃないでしょうか。僕もやってみたい!

シムソンズ観に行こうかな。banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 15:21| Comment(5) | TrackBack(13) | トリノオリンピック2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

日本選手団、悪しき連鎖続く・・・

またもや、惜しくもメダルを逃してしまいました。うーん、世界の壁は厚い。
スピードスケート女子団体追い抜きではベスト4が確定し、残り2周までロシアをリードしていましたが、選手が転倒しメダルを逃してしまいました。先頭を代わる際に少し遅れ、それを取り戻そうと焦ったのが原因だったのかもしれません。
男子フィギュアでも高橋大輔選手がSPを終えて、メダルを狙える位置につけていましたが、転倒などもあり、結局8位に終わりました。自分でも納得いく演技ではなかったようで、まだ若い高橋選手にはこの経験を次に生かしてもらいたいですね。
それにしても、あと一歩ということが続いています。選手はもちろん精一杯やっていると思いますし、責めることはできませんが、早く吉報が届くといいですね。

あとは女子フィギュアかbanner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 14:45| Comment(0) | TrackBack(5) | トリノオリンピック2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

女子スピードスケート500mもあと一歩

メダルが期待された女子スピードスケート500mが行われ、先日の男子に続き、あと一歩のところでメダルを逃しました。あ〜もう残念。
岡崎朋美は3位とわずか0秒05差の4位、大菅小百合は8位、吉井小百合は9位、渡辺ゆかりは15位という結果でした。岡崎選手はやはり持っている力を十分に出してくれたんじゃないでしょうか。結果がついてくれば最高だったんですが。それから、日本に向けて「すいません」なんて言わなくて良いです。誰も、本当のファンで責める人はいません。精一杯戦った、目標を持ってやり続けた、そういうことに価値があるんです。胸を張って、次の戦いに備えて欲しいと思います。大菅選手と吉井選手、それから男子の加藤条治選手のチームにはメンタルコーチがいるそうです。僕は知らない方で、カウンセラーとして長年、企業で人材育成などを担当してきた方でこのチームで3年目だそうです。スポーツのバックグラウンドはないようですね。今回の結果で世間にはどういう判断をされるんでしょうか。これでメンタル面のトレーニングの意味がないと思われたら困るなあ。
それにしても、惜しくもメダルに届かずというのが続きますね。フィギュアの男子ではSPで高橋大輔選手が2位が狙える小差の5位と、1番という滑走順、今季最低の出来という割にはいい位置につけたと思います。フリーではそれほど緊張せずに臨める滑走順や順位になると思うので、自分の演技ができればという期待ができます。早く安眠を〜

まだまだこれからbanner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 14:58| Comment(2) | TrackBack(18) | トリノオリンピック2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

有望種目でもメダル届かず

最もメダルが有望視された男子スピードスケート500mで世界記録保持者の加藤条治選手や2大会連続メダルの清水宏保選手はメダルに届きませんでした。残念!悔しい。
4位に入った及川祐選手は自分の最高の滑りができて、本当にメダルにも後一歩だったんですが、大健闘でした。6位という結果に終わった加藤条治選手は1本目にタイムが伸びなかったのが響きました。自分でも理由がわからないと言っていましたが、1本目の直前のアクシデントによって8分間待たされ、身体が冷えて動かなくなったりしたことも影響したでしょう。もちろん精神面の影響もあるかもしれません。清水宏保選手は「スケートをやってきた中で1番ダメなシーズンになってしまった。道具と技術のかみ合いがなかったかな」と言っていましたが、結局最後まで調子が上がりませんでしたね。最後の最後まで清水選手ならと期待をしていた人が僕を含めてたくさんいたと思いますが、残念でした。ちょっと引っかかったのは、自分でコンディションのピークを合わせることができる人が、一番悪い時期に当たってしまったとコントロールできなかったことを告白していることです。それが年齢的なものからくるものなのかどうかわかりませんが、今後に注目です。
そして、こちらもメダルを期待された女子スノーボードハーフパイプでは、決勝12人に日本人3人が入って期待されましたが、またもアメリカ勢らとの実力差を見せ付けられた結果となり、3人とも9位以下に沈みました。山岡選手は「私が完ぺきな演技をしても、メダルには届かなかった。米国は最高に仕上げてきた」と完敗を認めています。現実は厳しいですね。
それにしても惜しくもメダルを逃す日々が続き、安眠できません・・・。今日は女子のスピードスケート500m。頼んだぞ〜

最初のメダルは誰?banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 14:39| Comment(0) | TrackBack(9) | トリノオリンピック2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

世界トップレベルとの実力差を痛感

残念ながらこの日も日本選手団は結果を残すことはできませんでした。日本人選手も実力をある程度出せるようにはなってきていると思いますし、精神的に問題があるわけでは無さそうなんですが、観ているとどの競技でも真の世界トップレベルとは差がある印象です。
メダルが期待された男子スノーボードハーフパイプではアメリカのショーン・ホワイトがレベルの違いを見せ付けて優勝。W杯ではなく賞金レースに出ている本当のプロ集団であるアメリカ選手陣はやっぱり凄かったですね。対して、日本選手は1人も決勝に進むことができませんでした。中井孝治選手は、予選での滑りということで難易度を低くしてのトライでしたが、得点が伸びず、その戦略は仇となってしまいました。恐らく本人も悔いが残っているんじゃないでしょうか。それにしてもメダルが期待された中での惨敗。しっかり滑ったとしてもこのレベルでは国母和宏選手ぐらいしかメダル争いには加われなかったでしょうね。本当に世界は凄い!
ジャンプノーマルヒルでは原田選手以外の3人が、本戦に進みましたが決勝では全員が100%の力は発揮できませんでした。岡部選手は「力が入った。上を狙ったら技術的にずれが出た」と言っていましたが、いつもと違うことをやろうとするから失敗するんですね。自身でも「まだまだ青いっすね」と苦笑していますが、久々のオリンピックというのが影響したんでしょうか。まだ挽回のチャンスはあるので次は普段通りのジャンプをしてもらいたいですね。
ショートトラックでは男子1500mで寺尾悟選手が9位。力は出せたようですし、得意の1000m、500mで頑張ってもらいたいですね。しかし、こちらも相手はかなり手強そう。メダル争いはちょっと厳しそうです。そして、8チームしか出場チームがなくメダルが期待された女子3000mリレーは準決勝で惨敗。何が問題かはよくわかりませんが、女子500mの予選でも惨敗した田中千景選手の不調は明らかだったように思います。どうしたんでしょう。予選を突破した神野由佳選手には頑張ってもらいたいですね。

いよいよメダル最有力種目!banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 14:40| Comment(2) | TrackBack(21) | トリノオリンピック2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

上村愛子、コーク7決めるもメダルには届かず。

いやあ惜しかった。
女子モーグルの決勝で上村愛子選手は5位、里谷多英選手は15位という結果でした。それにしても解説の三浦豪太さんも言っていましたが、観ているこっちが緊張してきますね。
上村選手は決勝の第1エアで360を決め、第2エアでは大きなコークスクリュー720を決めてくれました。このエア点は全体でも2位だったようですが、タイムとターン点ががあまり伸びませんでした。4人を残した時点で2位だったんですが・・・。最も注意していた第1エアの360を丁寧に行こうとしたからか、決勝のスタート前では幾分緊張した表情が見えました。その影響から最初のターンがあまり上手くいかず、第1エアまでの滑りであまりスピードに乗れなかったことが得点を伸ばせなかった理由じゃないでしょうか。しかし、あのような大技を本番でしっかりメイクしてくれたことに価値があると思います。結果に満足はできないでしょうが、精神面での成長は見せてくれたんではないでしょうか。
里谷選手は、試合後のインタビューで「今の自分はこれが100%」と言っているように、完成度の高くなかった第2エアでのフロントフリップを決めてくれました。ただ着地点が悪く、少しバランスを崩したのが、エア点とターン点の双方の点数が伸びない結果となって現れてしまいました。彼女の力は十分に出せたと思うのですが、全体得点の75%を占める彼女の強みであるターンとスピードを追求していったほうが結果的には良かったのかもしれません。これは今季あまり世界の舞台で経験できなかったことが原因かもしれません。
結果には満足していないでしょうが、2人とも良くやったと思います。胸を張って帰ってきて欲しいと思います。お疲れ様でした。
そしてジャンプノーマルヒルの予選が行われ、葛西選手、岡部選手、伊東選手、原田選手が順調に飛んだんですが、なんと原田選手が体重に比べてスキー板が長いという理由から失格となってしまいました。原田選手は「私の初歩的なミスです」と自身でのミスを認めたうえで、今季不振から「W杯などの出場経験が少なかったから」原因を分析していますが、調子が上がってきていただけに残念です。ただ3選手は好調なようなので、決勝では原田選手の分まで頑張ってもらいたいですね。

上村選手も原田選手も残念。banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 15:17| Comment(4) | TrackBack(30) | トリノオリンピック2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

五輪出場選手の実力発揮度予想その3

いよいよ開幕しますね。時差8時間ですので夜更かしして観る人も多いんじゃないでしょうか。
今日はスキー競技の選手たちです。
まずは女子モーグル。上村愛子選手はインタビューなんかを見る限り、本当に精神的にも強くなっていると感じます。周りに気を遣いすぎることもあるようですが、それをしっかり受け止めた上で自分の力を発揮できるようになってきたんじゃないでしょうか。世界では上村選手ぐらいしかできないと言われているエアーの7oという3Dの技を持っていることも自信につながっているようですね。表彰台は結構な確率でいけるんじゃないでしょうか。そして、3大会連続のメダル獲得を目指す里谷多英選手。準備はしっかりとはできなかったようには思いますし、エアー技のフロントフリップもまだメイク率はそれほどでもない様子。それでもターンはいまだ世界のトップレベルですし、あの抜群の集中力を持ってすればメダルも・・・という期待はありますね。ただ競技の特性上、エアー1つの失敗で全てが終わってしまうため、メダル予想というのは難しいですね。ただ2人とも持っている力は出してくれるような気がします。
次にスキージャンプ陣。メダルに関係してきそうなのは岡部孝信選手と伊東大貴選手の2選手。岡部選手はオリンピックでの実績もあり、実力は出してくれそうです。メダル争いしてくれるんじゃないでしょうか。伊東選手は上り調子のようですし、あまりマスコミに大きく取り上げられえていないのも好材料かもしれません。精神的にはどうなんでしょう。それほど注目を集めていないのでプレッシャーは少ないかもしれませんが、やはりオリンピックの舞台は初出場ですし、特別だと思います。また、この競技は風の影響が非常に成績に関係してくると思われ、メダル争いとなると運の影響も多分にあるんでしょうね。
最後にアルペンの佐々木明選手。攻めて攻めて攻めまくる一か八かの滑りがうまくいけばメダル争いにも絡んでくるんじゃないでしょうか。性格も大舞台に向いているような気がします。ターン技術は素晴らしいと言われていますしね。ただコースアウトの危険性もありますが、いつものような気持ちで攻めまくって欲しいですね。少なくとも悔いは残さない滑りはできると思います。

自分の実力をフルに発揮できる確率

里谷多英 … 85%
岡部孝信 … 80%
上村愛子 … 75%
佐々木明 … 70%
伊東大貴 … 60%

いよいよ開幕!banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 16:23| Comment(0) | TrackBack(2) | トリノオリンピック2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

五輪出場選手の実力発揮度予想その2

さて、第2回目はスピードスケート短距離陣。
男子ではまずは私が尊敬しております清水宏保選手。はっきり言って今の調子は非常に良くないと思います。それでも五輪時での自分の実力は100%に近いものを発揮してくれるんじゃないでしょうか。自分の思い通りにはいっていないと思うので、その辺を不安に思ってしまうのが並の選手ですが、それはキッチリと切り替えてくれることと思います。ただ今の調子では十分に力を発揮したとしても表彰台には後一歩届かずといったところでしょうか。そしてスピードスケート陣で最もメダルが有望視される加藤条治選手。彼はTVや雑誌のインタビューから見ると現代人だなあという印象です。物怖じしないというか。もちろんある程度の緊張はすると思いますが、それほど影響を受けることは無さそう。今の調子からも表彰台は確実!うまくいけば金メダルも獲れるかもしれません。
女子でも500mの短距離陣にメダルの期待がかかっています。岡崎朋美選手はオリンピックの出場経験も豊富ですし実績もあります。ここまで普段の生活からスケートにかけてきた思いは決して大舞台でも揺るがないでしょう。そのときの実力は十分に発揮できるんではないでしょうか。メダル圏内でしょう。加藤条治選手の会社の同僚でもある大菅小百合選手と吉井小百合選手ですが、いつもと同じような雰囲気でできるというのは好材料ですね。ただ、大菅選手はこれまでオリンピックで力を発揮できていませんし、精神的に強くなったことはあまり感じられません。また、吉井選手も初出場ということもあり、いつもの笑顔が出せればと思いますが難しいような気がします。もちろん2人とも実力はあるので、その力が出せれば当然メダル争いに絡んでくるでしょう。スキー連盟の方が仰っているように3人のうちから誰か1人がメダルというのが現実的でしょう。

自分の実力をフルに発揮できる確率

清水宏保 … 90%
加藤条治 … 85%
岡崎朋美 … 85%
大菅小百合 … 50%
吉井小百合 … 50%

トリノまであと3日banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 21:51| Comment(0) | TrackBack(1) | トリノオリンピック2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

五輪出場選手の実力発揮度予想その1

トリノオリンピックまで残りいよいよ4日ですね。さすがにTVのニュースなどでも取り上げられ、盛り上がってきた模様です。
ここらでちょっと心理の専門家っぽいことでもしようかなと。
というわけで結果云々は関係なく、その選手がこのような大舞台で自分の実力が発揮できるかどうかを予想したいと思います。ただ、もちろん全員会ったわけがあるわけでもなく、TVや雑誌のインタビューなどからの予想になります。実際に会って話したことがある選手も10人ぐらいはいるかな。みなさんが知っている選手もいますけど、ここではとりあえず伏せておきます。

みなさんが知っているような種目や有望選手に焦点を当ててみましょう。
まずはフュギュアスケート陣。
自分の実力をフルに発揮できそうなのは村主選手。経験もありますし、ここぞという場面には強い印象。表彰台はかなり近いんじゃないでしょうか。そして荒川選手。この選手も経験がありますが、全部一人でやってきたことが吉と出るかどうかはわかりません。それでも実力は十分。ある程度の滑りができれば、表彰台もあるかもしれません。そしてミキティーこと安藤美姫選手は、まだ精神面が完成されていない印象ですし、プログラムを直前で変更したことがどう出るか分からないので、現時点ではメダルは難しいかなと思っています。ただ、そのプログラムが彼女の一番の良さの明るさや笑顔を引き出すものであったらという期待はあります。男子の高橋選手もそうですが、初出場というのは一番精神的に難しいと思いますが、それさえ上手く乗り越えられれば、能力はあるので安藤選手や高橋選手にもメダルの可能性はあると思います。

自分の実力をフルに発揮できる確率

村主章枝 … 90%
荒川静香 … 75%
安藤美姫 … 50%
高橋大輔 … 50%

トリノまであと4日banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(1) | トリノオリンピック2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。