2007年03月24日

亀田&高原・俊輔&美姫・真央

今日はスポーツ盛りだくさんでしたね。
まずはボクシング世界フライ級世界戦へ向けての亀田興毅の試合。序盤から有利に進めますが、さすがに相手は世界チャンピオン経験者のモラレス。いいパンチが何度も当たっていたんですが、なかなか倒れず、結局ダウンを奪ったのは1回だけでしたが、ノンタイトル戦にしておくのはもったいないような内容の好試合でした。難敵相手にもしっかり結果を出し、しっかり進化しているところを見せていますね。3階級制覇に向けて着々といった感じです。
そして、欧州組が初めて合流したオシム・ジャパン。最終的に呼ばれたのは高原と中村俊だけでしたが、注目を集めました。相手は世界ランクは低いとはいえ、南米で揉まれているペルー。そんな中、中村俊輔のFKから巻がオシム・ジャパン初ゴール!そして、圧巻は同じく中村俊輔のFKからのボールをゴールを背にトラップしながらの反転シュートを決めた高原!素晴らしいゴールでした。決定力不足解消の切り札となるんでしょうか。それにしても2人ともしっかり結果を出しましたね。オシムもにんまりといった感じでしょう。
最後は、フィギュアスケート世界選手権女子シングルスで安藤美姫が金メダル、浅田真央が銀メダルと1・2フィニッシュ!いやあ、すばらしい!2人とも愛知県出身ということでこちらも鼻が高い!SP1位の韓国キム・ヨナはジャンプでの2度の大きな失敗が響き、3位に後退。次の演技者はSP5位と出遅れた浅田真央でしたが、フリーでは細かなミスはありましたがトリプルアクセルを成功させるなどフリーの世界歴代最高得点で順位を上げました。そして、最終滑走者となった安藤美姫は4回転ジャンプこそなかったもののほぼノーミスの演技でそれまでトップの浅田真央を逆転し、笑顔と涙の金メダルを獲得しました。これまで、精神面が課題と言われていた安藤美姫でしたが、地元で、金メダルが期待される中、しかも最終滑走者というプレッシャーに打ち勝ち、金メダルを手にしたという事実は彼女に自信をもたらすでしょうね。ただ、まだ1回だけなので、次が本当の実力を見るいい機会になると思います。真の実力がついて、北京まで切磋琢磨し合ってオリンピックでも・・・。期待してます!

マーメイドジャパンも有終の銅メダル!banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 23:53| Comment(2) | TrackBack(22) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

高橋大輔、日本人世界大会初メダル!

ショートプログラム3位だった高橋大輔は4回転ジャンプで着氷の際に手をつきましたが、それ以外は大きく目立ったミスはなく、まずまずの演技。合計得点も237.95と高得点で1人を残して2位に入りこの時点でメダル確定。続く選手が大きくミスした為、そのまま2位となり、オリンピック、世界選手権を通じて日本人男子初のメダル獲得を決めました。
試合直後のインタビューでは、嬉しさとプレッシャーから解放された安堵感を爆発させていましたが、すぐにもう1つ上を見据える発言が聞かれ、安心しました。まだ若いですし、ショートプログラムでは14位と出遅れたもののフリーで7位まで巻き返したライバル・織田信成の存在も励みになると思います。切磋琢磨しあって一番上を目指して頑張ってもらいたいですね。

まだ希望枠やるんだ・・・banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 21:46| Comment(1) | TrackBack(2) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

東芝が2年連続ラグビー日本一



ラグビーの日本選手権が行われ、東芝がトヨタ自動車を破り優勝を果たしました。
共に今季限りで退任する東芝の薫田監督とトヨタの朽木監督。最後にすばらしい戦いを見せてくれました。最後のライン上での攻防は本当に見ごたえがありましたね。
今シーズンはサントリーに早稲田を再生させた清宮監督が加わり、メディアの注目も集める中、日本社会人ラグビーは本当に興味深い戦いを見せてくれたと思います。準決勝で敗れはしましたが、そういう点では清宮監督も勝ち組かもしれません。
今年はラグビー界にとってW杯のあるとても大事な年。第一回から連続出場を続けている日本代表の強化にもつながっていることでしょう。がんばってもらいたい!
そして、すばらしい戦いを見せてくれた薫田監督と朽木監督、本当にお疲れ様でした。

中村紀が中日と400万で育成選手契約banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 22:31| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

藤田敦史が別府大分毎日マラソンで復活優勝!

今年の夏に行われる世界陸上大阪大会の代表選考会を兼ねた別府大分毎日マラソンが行われ、藤田敦史が優勝しました。37キロすぎでマッチレースを展開していた佐藤敦之を振り切り、そのままゴール!藤田は内定基準には届きませんでしたがほぼ世界選手権への切符を取ったといっていいでしょう。おそらく2位に入った佐藤も選ばれると思いますが。
序盤、トップグループ15名の中に日本人は5名だけ。外国人勢力に押され気味かと思いましたが、さすがに日本人は持久力と忍耐力には長けていますね。結局、最後は日本人2人の争いとなりました。優勝タイムが2時間10分23秒とさほどいいタイムではありませんでしたが、1・2フィニッシュは立派!地元で行われる世界選手権に向け、女子に負けず、男子マラソンもがんばってもらいたいですね。他の選考レースでは、若手の台頭に期待です。

大阪で行われる世界選手権観に行こうかなあ。banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 15:41| 🌁| Comment(0) | TrackBack(6) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

KIDは復帰飾れず。渋井は復活ならず。

レスリングの全日本選手権で、HERO'S世界チャンピオンの山本KID徳郁が北京オリンピックに向けて初めてのアマチュアレスリングの大会を迎えました。初戦は勝ったものの、2回戦ではアテネオリンピック銅メダリストの井上謙二に右ひじを脱臼させられ、そのままフォール負け。戦前も苦戦が予想されましたが、やはりスポーツの世界はそんなに甘くありません。ましてやトップレベルともなるとね。さらに脱臼で全治3〜4カ月らしく、世界選手権に出場するために優勝が不可欠とされる6月の全日本選抜選手権まで約5ヶ月。北京にも黄信号でしょうか。
そして、大阪国際女子マラソンで世界選手権への切符を狙った渋井陽子は30kmまでデッドヒートを繰り広げながらもまたもや失速。結局10位という惨敗に終わりました。コンディションも良かったようですし、やはりここ一番で勝てないのは心理面が問題なんでしょうか。レースは原裕美子がマッチレースとなった30kmで渋井を引き離してそのまま優勝し、世界選手権への内定第1号を勝ち取りました。高橋尚子も敗れており、女子マラソン界も世代交代なんでしょうか。

スポーツで成績・結果を残すのは本当に大変です。banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 23:57| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

福藤豊、日本人初のNHL出場!


アメリカの世界最高レベルのアイスホッケーリーグであるNHLで日本人GKの福藤豊が日本人初となるNHL出場を果たしました。これで米国4大プロスポーツのうち、日本人選手が出場したのは野茂・イチロー・松井などが活躍するMLB、田臥勇太が既に出場を果たしているNBAに続き3つ目となりました。日本でもプロがある野球と違って他のスポーツは日本ではまだ成熟していないスポーツでの出場には、田臥、福藤とも本当に価値がありますね。残るはアメリカンフットボールのNFLですね。この舞台にも以前から日本人選手が挑戦を続けていますが、まだ出場は果たせていません。勿論大変なことだとは分かっていますが、選手には出場だけでなく、その舞台で主力として活躍するような勇姿を見せてもらいたいですね。挑戦を諦めない人たちにエールを!

ベッカムMLS移籍で5大スポーツとなるか???banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 13:11| 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

浅田真央が世界最高点で日本選手権初制覇

フィギュアスケート全日本選手権が名古屋市総合体育館で行われ、男子は高橋大輔、女子は浅田真央が優勝しました。2人ともものすごい高得点。特に浅田真央は211.76の歴代最高得点。観客からもスタンディングオベーション。自分でも派手なガッツポーズに涙。素晴らしかった。
男子の高橋も女子の浅田もほぼノーミスの演技。男子は織田信成、女子は安藤美姫、村主章枝、中野友加里というライバルがおり、プレッシャーのかかる中ノーミスの演技で優勝したことには価値がありますね。世界の大きな舞台でもこのような演技が出来る可能性が高いと思いますし、そうすると必然的に表彰台の一番上も見えてきますね。
この大会は来年3月の世界選手権の代表選考でもあったんですが、男子はその高橋大輔と織田信成。女子は浅田真央、安藤美姫、中野友加里が代表に選ばれました。男子もレベルが高くなって、トリノオリンピックでは1人だった代表選手も期待の出来る2人に増えて楽しみです。女子は言わずもがな。村主選手はSPでもフリーでもミスが響き10年続いていた全日本選手権での表彰台を逃し、世界選手権代表の座も逃しました。選ばれた代表は全員若く、バンクーバーに向けても世代交代を感じさせる大会となりました。

元日決勝は浦和とG大阪banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 00:22| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

フィギュアNHK杯は日本勢が表彰台独占

女子フィギュアスケートグランプリシリーズの最終戦NHK杯が行われ、浅田真央がトップだったショートプログラムとの合計199.52点の世界歴代最高点で初優勝しました。2位に村主章枝、3位にも中野友加里が入り、これまた初の日本勢の表彰台独占の快挙を達成しました。これで、先日の安藤美姫に続き、浅田真央と村主章枝がグランプリファイナルに出場することが決まりました。昨年に引き続き、世界で6人しか出場できない舞台に日本人が3人出場するという層の分厚さ。協会はイラン事をしていますが、選手強化は上手くいっているようですね。はやくもグランプリファイナルが楽しみです。

div style="text-align:right;">真央と同じ中京高・伊藤翔も全国の舞台へbanner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

高橋尚子、まさかの失速

来年の世界選手権の代表選考を兼ねた東京国際女子マラソンが行われました。
高橋尚子と土佐礼子が顔をあわせたこの大会。2人のデッドヒートが予想されましたが、その通りの展開。開始早々土佐が宣言していた通りのハイペースで展開。中盤までは高橋が土佐のすぐ後ろにつき、スパートのタイミングを見計らっている様子でしたが、土佐も段階的に何度かスピードを上げ、高橋がついて行く場面もありましたが、ついに31キロすぎの土佐の揺さぶりにはついて行く事ができず、失速。
土佐はそのまま1位でフィニッシュし、2時間26分15秒で大会初優勝しました。来年の世界選手権に内定する2時間26分を切ることはできませんでしたが、この悪条件を考えれば、代表に選ばれることは間違いないでしょう。
そして、注目の高橋尚子は39キロすぎには尾崎にも抜かれ、2時間31分22秒の平凡な記録で3位に終わりました。高橋は、これで世界選手権への代表切符も難しいでしょう。この結果で第一線での活躍がもう望めないのか、調整を失敗しただけなのか、環境条件が悪かっただけなのか。答えは次走に持越しです。

ダイワメジャーがG1連覇banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 17:40| Comment(0) | TrackBack(14) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

ミキティ、復活スマイル!

今年の2月に行われたトリノオリンピックでの荒川静香の金メダルが遠い昔に感じられるこの頃ですが、フィギュアスケートのグランプリシリーズ第1戦が行われ、ウインタースポーツがまた戻ってきました。
ショートプログラムでは高校生になった昨年のグランプリファイナル覇者の浅田真央がトップ。そして、トリノではイマイチだった安藤美姫は大学生になっての初舞台で2位につけます。
そしてフリーでは浅田真央がジャンプでの失敗が響いて3位に終わったのに対し、安藤美姫がノーミスの演技で逆転優勝。トリノでの惨敗と近くにいた“しーちゃん”の金メダル、4月からの新生活、新しいコーチなど、いくつも一皮向ける要素がそろった今回、新たに生まれ変わったミキティを見せてもらいました。もちろん、まだまだこれからだと思いますが、安藤美姫や浅田真央など若い選手が元気なのはバンクーバーに向けても明るい材料ですね。
それにしてもやまとなでしこ強し!

田口が日本人3人目のワールドシリーズ制覇!banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 01:12| Comment(3) | TrackBack(7) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

2人の女性スター

テニスの4大大会の最終戦・全米オープンテニスでマリア・シャラポワがメジャー2勝目を挙げました。今季、初めてのメジャー大会の決勝に進んだシャラポワは、あまり相性の良くないエナン・アーデンを退け、全米オープン初優勝!
日本ではアメリカツアー帰り初戦の宮里藍が女子の国内3大大会の1つとされる日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯をいきなり制しました。すごいです。格の違いと言うか、大物振りを如何なく見せ付けましたね。
2人とも圧倒的な人気だけでなく、相応の実力があることを示し、本当のスターであることを証明しました。頼もしいですね。

平山はFC東京にbanner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

2016年オリンピック国内候補都市は東京都

2016年夏季オリンピックの国内候補都市選定会議が30日、東京都内のホテルで行われ、東京都が選ばれました。東京都の知名度や首都機能に伴う財政力などが「世界で勝てる計画」をキーワードに置く日本オリンピック委員会(JOC)役員らを中心に強い指示を得たそうです。もちろん福岡でも良かったと思いますが、既に存在している競技場や東京都が持っている土地を利用して行うオリンピックには注目です。国民や東京都民に財政的な負担も余りかかりませんし、競技上の有効活用という点でもプラスの効果が出てくるでしょう。
もしオリンピック開催が決定すれば、確実に世界から認知されている東京に多くの人が集まってくれるでしょう。僕は長野で行われた冬季オリンピックは現地観戦することが出来ましたが、まだ夏季オリンピックは見たことがありません。北京には行くかもしれませんが・・・。それでも是非ここ日本での夏季オリンピック開催を実現して欲しいです。

アーセナルに伊藤翔入団!banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(8) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

やっぱりフェデラー

ウィンブルドン男子シングルス決勝。ロジャー・フェデラーとラファエル・ナダルの戦いはセットカウント3-1でフェデラーが貫録勝ちでウィンブルドン4連覇を達成。世界ナンバー1とナンバー2の戦いは非常にレベルが高く、静のフェデラー、動のナダルという対照的なパフォーマンスで面白い試合でした。近年観た試合では一番面白い試合でしたね。
ナダルは敗れたとはいえ、今大会フェデラーから唯一となるセットを奪っており、今大会の中でも成長した姿を見せてくれました。まだ若いですし、すでに完成された選手であるフェデラーにどれだけ近づくことができるか。スロースタートとプレーのムラが解消されれば、また来年5連覇をかけるフェデラーと成長したナダルの更に熱い決勝が見られるんじゃないでしょうか。

女子はモレスモbanner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 01:23| Comment(1) | TrackBack(0) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

ウィンブルドン男子決勝は予想通りの顔合わせ

テニスの4大メジャー大会の1つであり、その中でも最も特別な意味を持つウィンブルドンの男子シングルス準決勝2試合が行われ、世界ランキング1位のロジャー・フェデラー、同じく2位のラファエル・ナダルが順当に勝ち上がりました。両者ともセットカウント3-0のストレート勝ちという力の差を見せ付けての圧勝。
特にフェデラーのプレーには溜息しか出ませんね。「テニス史上最も完成された選手」の名に偽りはありません。フォア、バック、サービス、ボレーなど本当に穴が見当たりません。僕もテニスをたまにやりますが、こういうプレーヤーが理想ですね。あくまで理想で、だいぶかけ離れていますが・・・。
一方のナダルはクレーコートの王者。左利きという特徴と瞬発力・持久力などの身体能力はフェデラーと比較してもストロングポイントとなります。
しかし、ここウィンブルドンで4連覇を目指すフェデラー有利は変わりません。

行儀いい国1位日本banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 11:47| Comment(1) | TrackBack(0) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

ディープインパクト、古馬対決も圧勝!

すごいねえ。あの1敗がもったいない・・・。
初の古馬G1となる春の天皇賞に挑戦したディープインパクトは、得意でないスタートでいきなり出遅れましたが、3200mの長距離の中じわりじわりと能力の差を見せつけ上がっていきます。3コーナーを回った時点ですでにトップに立ち、そのまま押し切りゴール!なんと出遅れながらも天皇賞レコードを樹立。化け物です。もう日本でやることはないでしょう。噂されている海外G1出走に向け弾みをつけた格好です。世界のスターホースになって欲しいですね。

次は海外G1制覇だ!banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 15:58| Comment(2) | TrackBack(7) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

弘山晴美10度目の正直で初優勝

アジア大会の代表最終選考会を兼ねた名古屋国際女子マラソンが行われ、弘山晴美選手が初優勝を飾りました。弘山選手は2時間22分台の記録を持ちながら、マラソンでの優勝はなく、10度目の挑戦にして初めての優勝でした。年齢のことはあまり言いたくありませんが、それでも37歳という体力が落ちてきている中での挑戦は本当に頭が下がる思いです。この日も序盤の渋井陽子選手の独走状態というレース展開から巻き返した最後まで諦めない精神力と同様に、このような年齢でのトップレベルへの挑戦を諦めなかった姿勢は本当に賞賛に値します。感動しました。
最後まで諦めなければ、その夢は潰えないということを弘山選手は身をもって教えてくれました。素晴らしい勝利でした。ありがとう!

今後の去就は!?banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 15:55| Comment(2) | TrackBack(15) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

ボブスレー日本代表は一転トリノ出場へ

とりあえず良かったです。トリノオリンピック・ボブスレー日本代表の男子2人乗りと女子2人乗りの4選手の出場資格が確定していなかった問題で、国際オリンピック委員会は4選手全員の出場を認めました。この問題はアジア枠の出場資格に関する国際オリンピック委員会と国際ボブスレー連盟との見解の違いだったようです。ここまで頑張ってきて、そのようなミスによって出場資格を剥奪されるなんてとんでもない話ですよね。僕も一度ボブスレーのお手伝いをしたことがあったので、とにもかくにも良かったです。本番でも悔いの無いよう精一杯の準備をして力を出し切って欲しいと思います。
 一方、スピードスケートの安田選手はオリンピックの参加標準記録が引き上がったため、出場が白紙に戻りました。これは事前に国際スケート連盟から参加標準記録の見直しがある可能性を通知されていたため、日本スケート連盟はその決定を了承しました。安田選手と同じように世界で28選手が今回の決定で出場できなくなってしまいました。日本スケート連盟が安田選手に出場資格剥奪の可能性を伝えていなかったことも問題かもしれませんが、国際スケート連盟の決定が、このようなオリンピック直前の時期に行われることは選手の精神面のダメージを考えると、非常に問題があると考えられ、もっとわかりやすくなるべく早い時期での決定が必要だと思います。今回はおそらく決定が覆ることはなさそうですが、安田選手にはこの悔しさをばねに誰にも文句を言われないような成績を残すよう、大変だとは思いますが頑張ってもらいたいと思います。

トリノまであと9日banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 15:10| Comment(2) | TrackBack(9) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

トリノに向けて・・・

いよいよトリノオリンピックまであと1ヶ月をきり、ウインタースポーツも熱を帯びてきました。
順調な調整を感じさせるのは、スピードスケートの岡崎朋美選手とスキージャンプの岡部孝信選手。日本選手団主将にも選ばれた岡崎選手は以前使っていたスケート靴に変えて復調。本番と同じ舞台でのW杯でも表彰台を連発。やるべきことに迷いが無くなったはずで、オリンピックにしっかり照準を合わせてきそうです。そして、岡部選手は国内で行われた大会で史上初の札幌3連戦完全制覇を達成しました。不調が続いているスキージャンプ人の中でただ一人気を吐いており、順調な調整をうかがわせます。現状に満足することなく、ひたすら上を目指す姿勢がきっとトリノで良い結果をもたらしてくれるでしょう。
逆に心配なのは、僕が尊敬するアスリートでもある清水宏保選手。海外へ出発するときのインタビューでも、歯切れの悪い答えに終始していました。ここ最近の成績も芳しくなく、これからどうすればよいのかがちょっとわからないといったような印象でちょっと心配です。
どのアスリートにとっても試合前の準備というのが非常に重要になります。もちろん、これは身体的なコンディショニングだけでなく、精神的なコンディショニングも含めてです。今回、特にメダルの期待されている人たちにとって、精神的なものの重要性は非常に大きくなります。初出場の選手ならなおさらです。これから3週間程度しかありませんが、気持ちを切り替えて、迷い無く、今までやってきたことに自信を持って臨んでもらいたいと思います。自分が持っている以上のものを出そうと気負わずに、できることをやって、悔いの無いオリンピックにして欲しいと思います。

自分が持っているものを置いてくればいい。banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 16:02| Comment(0) | TrackBack(2) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

高校ラグビー覇者は伏見工

高校ラグビーの聖地・花園で行われた決勝は京都の伏見工が36-12で神奈川の桐蔭学園を下し、5年ぶり4度目の優勝を果たしました。
伏見工と言えば、人気ドラマ「スクールウォーズ」のモデルとなったチーム。さらにラグビー界最大のスター・平尾誠二の母校。有名な泣き虫先生・山口良治総監督につられてか、入場のシーンから涙が見えた伏見工フィフティーンに、若干心配をしましたが、それだけこの試合にかける気持ちが強かったのでしょう。山口総監督は準決勝の後「全国の公立高校に勇気を与えた。目指したラグビーは間違いではなかった」と声を震わせていたそうです。また生徒が泣くようなことを言ったのでしょうか。とにもかくにも、それは吉と出ました。伏見工関係者の皆さん、本当におめでとうございます。
明日は早稲田―関東学院の大学ラグビーの決勝。この日の閉会式で宣言したラグビー・ワールドカップ誘致を実現するためにも、ラグビー界を盛り上げるような素晴らしい試合を期待します!

社会人を負かしちゃえ!banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(14) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

フィギュアスケート、オリンピック代表決定

フィギュアスケートの全日本選手権が行われ、男子では高橋大輔が優勝し、トリノオリンピック代表を決めました。採点のミスがあり、最初に発表された織田信成の優勝から一転、高橋選手の優勝となったドタバタ劇で釈然としない終わり方・・・。高橋選手も織田選手も非常に気の毒でした。このような折角みんなが注目するような大会での不手際はお粗末としか言い様がありません。折角の盛り上がりに水をささなければ良いんですが。
3つのオリンピック代表枠を争った女子では村主章枝が優勝し、逆転でのオリンピック切符を獲得しました。3位に入った荒川静香も逆転でのオリンピック出場を勝ち取りました。そして今回は6位に終わった安藤美姫も前回までのポイントを守って、初のオリンピック出場を決めました。今までの世界大会でも活躍している二人のオリンピック経験者に、4回転ジャンプという武器をもつ安藤選手というラインナップは非常に期待が持てますね。みんなが納得するような結果になったんではないでしょうか。中野選手も良い演技だったんですけどね。それほど女子フィギュアの選手層が厚いということですね。
いよいよ1ヵ月半後には今季一番の目標となるであろうトリノオリンピック。今回のような厳しい戦いを潜り抜けてきた経験がオリンピック本番でも生かされることでしょう。

まずは自分の一番良い演技を!banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 22:22| Comment(10) | TrackBack(36) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。