2005年12月17日

五輪じゃなくともNo.1は浅田真央!

すごい!本当にすごい!
女子フィギュアスケートの今季上位6名しか出場できないグランプリファイナルで15歳の浅田真央が女王スルツカヤを破って初優勝を飾りました。ご存知の通り、来年2月のトリノオリンピックには年齢制限のため出場できませんが、現時点での世界No.1は間違いなく真央ちゃん!そして良い演技をした中野友加里選手が3位、ジャンプ着地での3度の転倒が響いた安藤美姫選手は4位でした。男子でも高橋選手が3位に入り、トリノに向けて一歩前進しました。日本のフィギュア界は盛り上がってますね。
ショートプログラムで1位だった浅田真央はフリーでは2位のスルツカヤの直後の演技となっていました。そのスルツカヤ選手がさすが女王の貫禄でノーミスの演技。浅田選手は昨日のほうが緊張していたと言っていましたが、普通の選手ならプレッシャーがかかる場面。しかし、直前の表情を見る限り、平常心を保っていたように思います。そして、ショートプログラムに続いて、ほぼノーミスの演技。自分のもっている力を十分に出せていたように思います。その精神力と楽しそうな笑顔と可愛らしさに最大級の賛辞を送りたいと思います。トリノオリンピックは今季の世界2位を決める大会であると・・・。



追記

浅田真央選手の活躍によってクローズアップされている年齢制限の問題・・・。はっきり言って僕も疑問です。今まで他の有力選手と同じように世界を舞台に戦ってきたのに2月の1試合だけダメというのはどう考えてもおかしい。むしろジュニアでの戦いを戦ってきた浅田真央選手の方がタフなのではないかと思います。僕もどういう経緯で年齢制限が設けられたのか詳しくはわかりませんが、年齢制限を特例措置で認められ、オリンピック優勝後すぐにプロに転向したリピンスキーの問題ならば少なくとも医学的には全く関係ないことがむしろ明確になったのだと思います。むしろ、フィギュアスケート界からの有力選手の流出を防ぐ大人たちのエゴが作り出しているルールだと思っています。ルールがある以上、それに則るのは勿論で、日本も賛成していたわけですから仕方がない側面もあります。そして現実に国際スケート連盟も日本からの懇願がないと言っていて、日本スケート連盟も陳情するつもりはないと言っています。僕が問題としたいのはその理由。日本スケート連盟の城田憲子フィギュア強化部長は「五輪のために育ててきた選手もいるのに、真央だけのために陳情することはできない」「たった1人の女子選手のために総会を開いて“出すか、出さないか”というのはないと思う」としていますが、この問題は、”たった”ではなく、一人の女性に大きな影響を与える、言わば人生がかかっている非常に大きな問題であると認識しています。もちろん総会を簡単に開くことはできないかもしれませんが、その大変なことに値する事態だと考えます。
TVでの表面的な印象かもしれませんが、一番の救いは真央ちゃんがその年齢制限問題で出られないことをしっかり受け止めた上で、「バンクーバーに出られればいい」と前を向いていてくれることです。この気持ちを持ち続けることができるならば歴史に大きく名を残すような伝説的なチャンピオンになってくれるような気がします。頑張れ、真央ちゃん!

日本代表争いは混沌banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 21:04| Comment(10) | TrackBack(54) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

やわらちゃんに挑戦者現る!

日本女子柔道界に君臨する女王・谷亮子に刺客が現れた。柔道福岡国際女子選手権で16歳の中村美里が48キロ級で、長らく日本の2番手であった北田を破り優勝。北田は谷に続く2番手とはいえ、世界大会で何度も優勝しているほどの実力者。北田を負かせたのは2度目でもあり、2回戦でも今年の世界選手権覇者のベルモイにも勝利したということで完全にフロックではないことは証明されただろう。同じ福岡から鮮烈な印象を残した谷と中村の対決。久々に現れた谷のライバル。世代交代が行われるのか、本当に対決が楽しみです。
真の柔ちゃん!?banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

宮里藍、圧倒的強さで予選会をトップ通過!

アメリカ女子ゴルフツアーに参戦するためのアメリカ女子プロゴルフ最終予選会が行われ、宮里藍が2位に12打差をつけての17アンダーでトップ通過を果たしました。まさに格の違いを見せつけた圧勝劇。昨年11アンダーで予選会トップ通過を果たしたポーラ・クリーマーがLPGA賞金ランキングで女王アニカ・ソレンスタムに次ぐ2位につけているという事実から考えても、彼女の物怖じしない性格から考えても、来年はアメリカでも藍ちゃんフィーバーが巻き起こりそうです。
アメリカでもフィーバー!banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 17:56| Comment(11) | TrackBack(4) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

栄光への架橋再び

アテネオリンピックの団体金メダルに続き、体操ニッポン復活を大いにアピール!オーストラリア・メルボルンで行われた体操の世界選手権で冨田洋之が日本男子として31年ぶりに個人総合で金メダルを獲得!さらに2位にも日本の水鳥寿思が続き、35年ぶりの1・2フィニッシュを果たしました。
富田の最終種目はアテネオリンピックの団体でも最終種目となった鉄棒。実況もオリンピックと同じ刈屋アナ。舞台は整いました。初の世界選手権優勝がかかる演技ということで緊張もあったようです。2位と大差があったことも関係したかもしれません。しかし、着地でバランスを崩した以外は無難な演技。見事金メダルを獲得しました。今回はアテネオリンピックの個人総合金メダリストのハム選手は出ていませんでしたが、出場選手中6種目すべてで9点以上、また2位の水鳥に1.349の差をつけての圧勝で、チャンピオンの風格を漂わせていました。2位にも日本の水鳥が入ったことには大変意味があると思います。ジュニア時代からエリートだった富田とは別の道を歩んできた水鳥は、大きな怪我を乗り越え這い上がってきた努力と信念の天才かもしれません。この違うタイプの二人が切磋琢磨し、また僕らの前でより高いレベルの演技と感動を与えてくれるでしょう。ほかの日本人選手も大いに刺激になったことと思います。これからも楽しみです。
万歳、体操ニッポン!banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 13:38| Comment(0) | TrackBack(1) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

スーパースターとおばけのQちゃん

僕の家では中日新聞を取っていますが、今日の一面に高橋尚子選手の東京国際女子マラソン優勝、浅田真央のGP初優勝、スピードスケートの加藤条治の世界新記録の記事が載っていてビックリしました。新聞の一面に異なるスポーツの記事が載ったのは初めてなんじゃないでしょうか。なにはともあれスポーツの記事が一面になるのは社会が平和な証拠。いいことです。
その他にも宮里藍が賞金王を狙うためには優勝しかないという場面での見事な逆転優勝。それも2位に大差をつけての圧勝劇。本当に見事な集中力です。このへんはまだ波のある横峯さくらと差があるようですね。そして同じゴルフ界からタイガー・ウッズのダンロップフェニックス2連覇。なんと言ってもその精神力が素晴らしい。メンタルなスポーツと呼ばれるゴルフで印象的な活躍をする2人の精神力は見習うべき点が沢山あります。プレッシャーのかかる場面で結果を出すのが真のスーパースター!2人はその言葉にふさわしいと思います。
そして一面記事の中でもとりわけ扱いの大きかった高橋尚子選手の東京国際女子マラソン優勝。2年間の苦闘とブランクを乗り越えての鮮やか過ぎる圧勝劇。優勝という結果は勿論、タイムも2時間24分台の好タイムでまだまだ世界の一線で活躍できることを内外に大きくアピールしました。ここぞというときに僕達の想像以上の結果を残してくれる、彼女も正にスーパースター。そして優勝インタビューで彼女が僕達にどうしても言おうとしていたこと、伝えようとしていたこと。「悩んでいる人、苦しんでいる人、暗闇にいる人も誰にでも平等に1日24時間が与えられている。その一瞬一瞬を無駄にせず夢や目標に向かっていきましょう。」身をもって教えてくれた言葉、心にしみました。勇気をもらいました。シドニーオリンピックで金メダルを取ったときは、小出監督への絶対的な信頼が、僕はその結果を生んだと思っています。しかし、彼女が自分を見つめなおしたとき、そこから離れ、自分一人で責任を負ってやっていくことを決断しました。そこに留まっていれば、おそらくそれほど苦労することなくある程度の成功の保障があったにもかかわらずです。本当に大きな挑戦で、決断で、勇気でした。そして彼女はこの日最初の大きな賭けに勝ちました。でも彼女の挑戦はもちろんこれで終わったわけではありません。この先待っている2008年の大勝負まで続いていくのでしょう。その日が終わったとき、彼女は何を掴み、何を思うんでしょう。その日まで彼女の挑戦と勇気を信じて見守っていきたいと思います。
スーパースターは心が大事banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(5) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

ディープインパクト、21年ぶり無敗の三冠馬に!

京都競馬場で行われた3歳牡馬三冠最後のG1・菊花賞で皐月賞・ダービーを圧倒的な力で制したディープインパクトが見事三冠を達成しました。本当に関係者の皆さん、おめでとうございます!無敗での三冠は、あの皇帝シンブリルドルフ以来21年ぶり。この馬の大偉業が改めて感じさせられます。おそらく経験したことの無いプレッシャーを感じたであろう調教師や厩務員、そして武豊騎手。本当に見事な仕事振りだったと思います。
今日のレースは能力がずば抜けているディープインパクトにとって、3000mという経験したことの長い距離をどうレースマネージメントするかだけだったと思いますが、道中かかり気味になり、口を開けていたので、今回は負けるかもしれないと感じました。しかし終わってみれば、武豊騎手の抑えた騎乗が実り、繰り返された圧勝劇。改めての能力の高さにただただ驚かされるばかりです。まだこの馬の底は見えていない気がします。
これからは古馬との対決、世界の舞台での活躍に思いを馳せてみたいと思います。
次なるステージへbanner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 01:17| Comment(1) | TrackBack(2) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月26日

今日は何を話していいのやら・・・

 本当に色々ニュースがありました。一番はなんだろうなあ。女子マラソン・野口みずきの日本最高記録更新。朝青龍の6連覇達成。楽天・田尾監督の解任。F1・アロンソの最年少チャンピオン決定。ボクシング・新井田、長谷川のWタイトル防衛。競馬・牡馬3冠を目指すディープインパクトの圧勝。ついでに愛・地球博の閉幕。他にも色々ありましたが、何を書けば良いのかわかりません。ただ、スポーツがニュースになっているのは平和な証拠です!
いろいろあったなあ。banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

男子マラソン・尾方剛が銅メダル獲得!

 陸上世界選手権・男子マラソンで尾方剛が銅メダルを獲得しました。彼のことは少し前から注目していましたが非常に精神力の強い選手という印象です。もう一人の有力選手・高岡寿成も4位に入り、各国の上位3人の成績で争われる団体戦で日本は金メダルを獲得しました。このところ女子の勢いに押され気味だった男子ですが、これを機会に巻き返して欲しいですね。
 このような陸上競技という一つ一つのエキスパートを決める大会で、世界の中で日本が通用するものが見えてきます。今回銅メダルを獲得した2種目は400mハードルとマラソン。単純に走るものではなく、より技術力が要求される種目と持久力が要求される種目ですね。現在の日本のストロングポイントは技術力と持久力。心理的には忍耐力と協調性でしょうか。特に団体種目ではこのようなストロングポイントを生かしてチームを作れば、より戦えるチームになるんではないでしょうか。ただ日本の選手たちもどんどん身体能力などが上がってきているように感じます。世界と互角に戦える種目が将来的に増えていくと思います。がんばれニッポン!
頑張れマイブログ!banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 11:25| Comment(3) | TrackBack(7) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

陸上世界選手権・為末大、2大会ぶり銅メダル獲得!

 陸上の世界選手権がフィンランドのヘルシンキで行われています。今大会、室伏広治選手が欠場ということで、メダルを狙える種目も少なくなっていたんですが、為末選手がやってくれました。決勝にはギリギリ8番目で拾われ、今期の持ちタイムも8人中最下位。しかし、激しい雷雨と強風で競技の進行が遅れたことを自分の味方につけました。為末選手は「若い選手が多く、動揺が伝わってきた。ラッキーと思っているのは自分だけだった」とスタート時に精神面で優位に立っていました。また、「うしろをパニックにしてやろう」と2台目の障害まで思い切り突っ込み、焦りを誘うなど精神面での駆け引きで他のメンバーより一日の長があったようです。
 前評判を覆しての銅メダル獲得!他の日本代表選手も続いて欲しいですね。
posted by 杉山卓也 at 00:04| Comment(2) | TrackBack(9) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

水泳世界選手権・日本メダルは最多の9個も金はなし

 水泳世界選手権が閉幕しました。日本は過去最多となる9個のメダルを獲得し、日本新記録も12個出るなど頑張ってくれました。引っ張ったのはアテネオリンピック金メダリストの2人、北島康介と柴田亜衣。北島は3個、柴田は2個のメダルを獲得しました。特に北島は出場した個人種目50m・100m平泳ぎで日本新記録となるタイムで意地を見せました。というか、このような大舞台で自分の記録を破ることができるのはすごい!今回はライバル・ハンセンがオリンピックとは違い、平常心でレースに臨めたようで頂点には立てませんでしたが、十分に力を発揮してくれたと言って良いでしょう。他には松田、今村、内田などが目立ちました。今回は男性陣が目立ちましたね。これからの活躍が楽しみです。
 選手の頑張りは良かったと思いますが、問題はTVの作り方ですかね。優香や松岡修三、SMAPで視聴率を取れると思っているんですかね。最後にSMAPの新曲を流すところなんかはものすごく商業主義を感じます。主役は当然選手たちです。僕があまり盛り上がっていると感じなかったのは、そういうものに水をさされたという感が強いからですね、きっと。VTRの垂れ流しも多いように感じたし。そう思っているのは僕だけなのかな?まあそれならいいんですけど。制作側も本当の競泳ファン・スポーツファンをもっと意識すべきだと思います。結局いつも観てくれるのはそういう人たちなんですから。
 日本競泳陣は、競泳の花形でもある自由形でも徐々に世界に近づいていると思いますし、国の総合力を示すメドレーリレーでも男子は前回の世界選手権、オリンピックに続き、またもやメダル獲得となったことは、完全に競泳の強豪国の仲間入りを果たしたと言えるんじゃないでしょうか。ただなにかオリンピックで3つも金メダルを取った後だと物足りないと感じるのも本音です。もちろん、観ている側だけでなく実際に戦っている選手たちが満足していないのが救いというか、素晴らしいことですね。まだまだ現状に満足している選手はいないようなので、これからも期待できますね。頑張れ、競泳ニッポン!
クリックプリーズ!banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 12:43| Comment(1) | TrackBack(1) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月23日

シンクロ・ドデュ世界選手権連覇で引退!?

 シンクロナイズドスイミング世界選手権ソロでフランスのドデュ選手が連覇を達成しました。ちょっと他の選手とレベルが違っていましたね。審判5人全員が芸術点に10点満点をつけるなど採点競技とはいえ誰にでもわかるような差があったと思います。
 競技後、ドデュ選手は「今日の演技がすべて。技術や芸術性を高めたかった。今日、実現できた。これで辞めます」と引退を表明しました。ある程度の達成感があって、バーンアウト(燃え尽き症候群)に近い状態になってしまったんでしょうかね。オリンピックで金メダル確実なソロの演技がないというのもまだ26歳の女王が引退する大きな要因でしょう。ただ、この大会にも「10点以外いらない」という意気込みで臨んできましたが技術点では満点にあと一歩でした。この差を埋めるため、いつかまたフランスの人魚が僕達の前に現れてくれることを期待しています。
応援よろしくお願いしますbanner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 15:05| Comment(0) | TrackBack(1) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月18日

ウッズ、全英オープンを完勝

 タイガー・ウッズが初日から4日間1度も首位を譲ることなく全英オープンを制覇し、ジャック・ニクラウス以来史上2人目の偉業を飾った。これで歴代3位となるメジャー通算10勝目に到達しました。それにしても、まさに完勝。素晴らしい飛距離に、卓越した技術、そして精神力。メンタルトレーナーも含むチーム・ウッズに死角はなさそうです。今大会で引退するメジャー通算18勝の帝王ニクラウスの後継者としてバトンを受け継ぐ形となりました。ウッズは「最高の結果が出たとしても、思うようにならなかったショットを改善するために練習をする。コースも毎日変化するのだから、自分も毎日さまざまな点を改良しなくちゃいけない。それはジャックも、言っていること。僕も、まだ直さなくてはいけない点がある」と言っています。プロとして、アスリートとして当然のことですが、飽くなき挑戦を続けるタイガーはニクラウスを越えるべく進化し続けるに違いありません。
応援よろしくお願いしますbanner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 11:31| Comment(5) | TrackBack(11) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月10日

体操、水鳥寿思が逆転で初優勝

 体操の世界選手権代表決定競技会を兼ねたNHK杯が行われ、アテネ五輪団体金メダリストの僚友、冨田・鹿島・米田らを抑え、水鳥寿思が初優勝しました。前日まで冨田がリードしていましたが、最終日に逆転し、初の世界選手権代表にも決定しました。
 アテネオリンピックでもどちらかというと脇役でしたが、世界と戦う一番大きな舞台での貴重な経験を積んだことにより、一回り大きく成長しました。特に、金メダルを獲った自信、一番高いステージに上って初めてわかる課題など、経験による心理面の変化が大きく作用したように思います。体操クラブを営む彼の親にも兄弟の中で一番素質がないと言われながらも大きく成長を遂げた水鳥選手。こういうコツコツ努力した選手は、いろんな意味で大きく崩れないし、頼りになります。彼の栄光の架橋はまだまだ続いていきます。
banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 19:42| Comment(27) | TrackBack(1) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月09日

野球・ソフトボール、五輪種目から外れる

 国際オリンピック委員会の総会が開かれ、2012年ロンドンオリンピックでは野球とソフトボールが行われないことになりました。野球は世界的普及度の低さやメジャー選手の不参加などが理由とされています。ソフトボールは野球の女性版といった感じで受け取られたみたいです。確かにグラウンドも必要ですし、競技開催は他競技に比べても大変だと思います。そして2つの空席をめぐって、ゴルフ、7人制ラグビー、空手、スカッシュ、ローラースケートの5競技から最終的に空手とスカッシュが残りましたが、結局必要な3分の2の賛成票が得られず見送りとなりました。ということで2012年ロンドン五輪は今までの28競技から2競技減って26競技で行われることが決まりました。
 野球は日本にはプロ野球がありますし、ワールドカップの開催ももうすぐ実現しますから、それほど大きく影響を受けることはないと思いますが、問題はソフトボールです。日本にも社会人リーグがあるとはいえ、一番の目標はオリンピックでした。その一番大きな目標が目の前から消えてしまうということは、子供達の目標を奪い、意欲を奪い、有望な人材が他競技に移っていくなど競技人口の減少に繋がってしまうことは容易に想像できます。これからソフトボール界は厳しい局面を迎えると思いますが是非とも踏ん張って欲しいと思います。
 メダル有望種目の2競技が消えることは日本人として残念ですが、まだ永久にオリンピック種目になれないわけではありません。これからも世界的な普及に努め、魅力あるスポーツにしていくことがオリンピック種目復帰への近道でしょう。
posted by 杉山卓也 at 14:05| Comment(32) | TrackBack(54) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

2012年夏季オリンピック開催地はロンドンに決定

 2012年の夏季オリンピック開催地はパリとロンドンが最後まで争いましたが、僅差でロンドンに決定しました。シラク大統領よりも若く活動的な印象のブレア首相、五輪金メダリストのセバスチャン・コー氏の名演説、そしてデイビッド・ベッカムの人気。投票権を持つ委員の子供達がベッカムのサインをねだったとか。そうするとどちらでも構わない委員はロンドンに投票する・・・。本当にそうだったかどうかはわかりませんが、ベッカムの存在が影響を及ぼしたのは事実でしょう。最終的には4票の差しかつかなかったわけですから。
 これで1つ楽しみが出来ました。United Kingdomが1つの国として出るかもしれないということです。特にサッカーでは本当に強いチームができあがるはずで、ベッカムとギッグスの両サイドMFは見れないと思いますが、五輪優勝の可能性も非常に上がるはずです。
 見に行きたいけど、懸案は寝床です。今、僕にはロンドン在住の友人がいるんですが、その頃はいないよなあ。
posted by 杉山卓也 at 15:04| Comment(5) | TrackBack(23) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

シーザリオ、日本馬初の米G1オークス制覇

 やってくれました!日本のオークス馬シーザリオがアメリカのG1オークスでも圧勝!日本馬初の米G1制覇を成し遂げました。最近はあまり競馬を見なくなったんですが、今年武豊騎手を抑えてリーディングトップを走る好調の福永祐一騎手が「馬の力を出し切れれば勝てると思っていた」「この馬で勝てなければ、日本馬はしばらく海外のG1を勝てないんじゃないか」というぐらい強い馬だったんですね。3冠が濃厚であろうディープインパクトと並んで、またスターホースの誕生です。競馬界も盛り上がりそうですね。
posted by 杉山卓也 at 13:33| Comment(9) | TrackBack(14) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

フェデラーがウィンブルドン3連覇!

 テニスの4大大会の1つウィンブルドン選手権でスイスのロジャー・フェデラーが3連覇を達成しました。相手は世界ランキング3位のアンディ・ロディックで、昨年の決勝と同じ顔合わせでしたが、3-0のストレートで貫録勝ち。歴代で最も完成された選手といわれる通り、本当にどのプレーをとっても一級品。若い頃は「瞬間湯沸かし器」と言われるぐらいすぐ怒る気性だったみたいですが、コート上でラケットをたたき折ったのを見た父ロバートさんは、すぐに試合をやめさせて自宅に連れ帰ったそうで、それ以来フェデラーは感情を抑えることを学んだようです。メンタル面が重要とされるテニスというスポーツで最後の武器を手にしたフェデラーは来年4連覇に挑戦します。
posted by 杉山卓也 at 15:29| Comment(9) | TrackBack(8) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。