2009年03月19日

イチローも人の子

 WBCベスト4をかけたキューバとの戦い。試合は岩隈・杉内の完封リレーで5-0の勝利。またもや韓国との戦いということになりました。
 この日も序盤から重苦しい雰囲気。頼みのイチローは2度の打席凡退。そして無死1塁で迎えた3打席目。それまでの凡退続きで目には生気がなく、打席でのルーティーンも何かいつもと違う様子…。そこでなんと内角のくそボールをバントにいき、サードへの小フライに終わります。

イチロー「第3打席のバントの失敗でほぼ折れかけていた心がさらに折れた。ほぼ折れかけていた心をギリギリでつなぎ止めた。きょうの結果は天国行きか地獄行きかを決める試合。天国に行けて良かった。流れをくい止めていたのは完全に僕だった。本当に支えてくれて、ありがとうと思った。チームメートがつないでくれるというのはすてき」

 その後の第4打席では3点を先取し、少しは気が楽になっていたんでしょうか。同じく無死1塁で迎えた打席でファーストの頭を高く超えていく13打席ぶりのヒットを放ちます。続く第4打席も注目されましたが、今度は目の覚めるようなセンターオーバーのあたりでスリーベースヒット。韓国戦でもこの気持ちを継続できるか。いつも通りのイチローでいれるかがカギとなります。
 イチローについて、原監督は「彼は野球界では伝説の人で、人間にはないタフさを持っているのかなと思っていた。きょうの喜びようを見て、彼も人間なんだなと思った」と話した。
 3打席目までは本当に目も当てられないような状態で、正直ベンチでも陰気くさい顔をしていたように見えました。イチローはメジャーでMVPを獲るほどのスーパースターで代表でもアンタッチャブルな存在。イチローを代えられる監督はいないでしょう。心が折れていたら自分から交代を申し出るべきでしたが、先制点を挙げてリードしていたことで、本当にギリギリでつなぎとめましたね。
 韓国戦はどうなるんでしょうか。ヒットが出るまでは涙目にも見えたイチローの表情。気持ちは完全に吹っ切れているんでしょうか。4度目の韓国との戦いでは、第1打席のイチローの表情に注目です。

紀香と陣内はやっぱり離婚!?banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

粟生世界奪取&長谷川初回KO防衛

 WBC世界フェザー級タイトルマッチで王者ラリオスに粟生隆寛が挑み、WBC世界バンタム級タイトルマッチで長谷川穂積が同級1位のマリンガの挑戦を受けました。
 粟生は初回から名王者ラリオスを圧倒。第4R終了時点でのポイント差は4と全ラウンドでリード。その後もダウンを奪うなど終始安定した試合運びでゴングを迎えます。判定結果を聞く前にラリオスが粟生の手を挙げるほどの圧勝でした。本当におめでとうございます。しかし、ここから長谷川のように防衛をするというのは本当に大変なこと。これで満足することなく、さらに頑張ってもらいたいですね。
 長谷川は世界1位の挑戦者マリンガをなんと1RKO。サウスポーの1位挑戦者から3度のダウンを奪い、8度目の防衛成功。なんか敵が見当たりません。すごい。目標を持ち続けることは難しいと思いますが、日本記録も視野に入っているでしょう。

ナックル姫も観戦banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

日本、韓国に完勝!

 WBC野球日本代表は、北京オリンピックで2敗を喫した宿敵・韓国に14-2のコールド勝ちで第2ラウンドへ進出しました。
 打線は4番に村田、6番に稲葉に代わって入った内川。北京で2敗を喫したサウスポー対策。内川は必ず活躍してくれると思っていたので、楽しみです。そして、試合の方は、初回の1番イチローからの3連打で火がつきました。2死後、その6番・内川が大仕事。3塁線を破る2ベースで3-0に。
 しかし、その裏の松坂のピッチングはスライダーの制球が定まらず、苦しいピッチング。スラーダーが3球ボールになったノースリーのカウントから4番・金泰均が2ラン。さすがに勝負強い…。
 2回には無死1・2塁でイチローがセーフティバントを決め、完全に流れをつかみます。仕上げは4番・男村田の3ラン!前日に続くホームランで4番の重責をしっかり全うします。これで8-2。
 ここで2・3回を0点に抑えてくれれば、勝ちは見える。エース・松坂は調子が悪いなりに、カットボールでピッチングを組み立て、その通りに4回まで追加点を許しませんでした。
 その後も渡辺、杉内、岩田が追加点を許さず、打線も城島の2ランとそつない野球で次々追加点。結局、宿敵・韓国に7回コールド勝ちというこれ以上ない勝利を収めました。
 これで第2ラウンド進出決定。イチローの復調も頼もし。しかし、まだ戦う可能性のある決勝の相手にしっかり勝って、2連覇を達成してほしいですね。

上村愛子は本物!banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 02:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

WBC日本は中国にまさかの苦戦

 WBCアジアラウンド初戦。日本は中国との対戦。前回は16-2と圧勝している相手。勝つのは間違いないと思っていましたが、意外な苦戦というか、拙い野球に見えましたね。
 1番はイチロー、3番が青木というオーダーになりました。もちろん中国の野球も進歩していると思いますし、初めて見る投手の球を打つのは難しいことも承知ですが、打てませんでしたね。
 また、得点が入っていない状態の無死1・2塁という完全にバントという場面で、城島にバントのサインを出さないのは原監督いかがかなと思いました。ここで練習しておかなければ、これからさらにプレッシャーがかかる場面でうまくできるのでしょうか。これから厳しい1点を争う戦いになると思いますが、絶対にバントしかない場面でそのバントをキッチリ決めるという高いハードルが必ず出てくると思います。その予行練習を出来る場面でやらなかったというのは、どう響いてくるのか。不安です。
 まあ打線と監督の采配は低調でしたが、投手陣は無失点ということで、まずまずでしたかね。と言っても良かったと言えるのは田中、涌井、山口ですかね。ダルビッシュと藤川はもう1つといった感じですが、まあダルビッシュは問題ないでしょう。藤川にはちょっと不安が残りますが…。
 次が本当の勝負です。おそらく韓国でしょうが、勝ってスッキリとアメリカ行きを決めたいですね。

給付金支給スタート!banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

大一番はオーストラリアとドロー

 はあ。がっかりです。サッカーW杯アジア最終予選の大一番オーストラリアとの対戦はホームでスコアレスドローという結果に終わりました。
 予選突破に向けて引き分けという結果は、それほど悲観することはないですが、内容というか采配というかには進歩が感じられませんでした。あれだけ合宿して、非公開して、何をやっていたんだろう。シュートが少なすぎだし、相手の高さを意識しすぎですね。
 さらに、フィンランド戦で結果を出した国内組を差し置いて出るだけのコンディションが今の海外組にあったんでしょうか。ほとんどのミスは海外組が絡んでいたように感じます。中村俊はキックの精度がなかったし、長谷部もいまいち。松井も今日の試合はひどかったですね。
 それから1本だけいいクロスがありましたが、左サイドバックは今の日本のウィークポイントですね。相馬か阿部か左利きのスペシャリストが出てきてほしい。
 監督自らが語っているワールドカップ・ベスト4は現時点では信じることができません。進歩が見えません。今のファンはもっと現実的で、私も含めて現時点で予選リーグ敗退だと思っているでしょうね。もっと夢を見れる魅力的な強い代表チームを!

オシム〜banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

朝青龍&渋井陽子が復活V

 大相撲初場所で休場明けの朝青龍が23度目の優勝を果たしました。マスコミにはいろいろ叩かれていましたが、ヒールもやっぱり居ないとさびしいですよね。そして特筆すべきはその勝負への執念。マナーが悪いとも言われていますが、最後の最後まで勝負をあきらめない姿勢、完全な勝利まで手を抜かない姿勢は賞賛されてもいいのではと思うほどです。
 そして、渋井陽子も大阪国際女子マラソンで4年ぶりの優勝。スローペースに惑わされることなく、自分を律し我慢することができた復活レースには、今後の期待を抱かせます。ただ、まだ一度だけ。一皮むけた超一流ランナーかどうかは世界選手権の結果が教えてくれるでしょう。

赤羽も初マラソンで堂々2位banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(5) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

浅田真央が貫禄勝ち

 全日本フィギュアスケート選手権が行われました。男子は見てませんが、織田信成が復活優勝!グランプリファイナル準優勝の小塚は2位。怪我の高橋と合わせて、約1年後のバンクーバーオリンピックが男子も楽しみになってきました。
 女子はSP1位の中野友加里が失速。1位の座を守りにいったのか、無難なプログラムでしたが、その姿勢が凶と出ました。競技者として自分の最高のパフォーマンスを発揮するのが本来の姿だと思いますが、油断というか緊張がゆるむというのか、当然いいパフォーマンスにはなりませんね。結局5位に終わります。
 安藤美姫も6分間練習で村主とぶつかるアクシデントもあってなのか、失敗もありましたが、なんとか踏ん張り3位。世界選手権代表の座には滑りこみました。しかし、気持ちを切り替えれていないのか、演技前から浮かない表情。まあいつものことですが、心理面の準備ができていないように感じます。
 そして当然のように優勝したのは浅田真央。技術的にはダントツでしたね。ただ苦手のサルコーを意識しすぎたのか、失敗したように改善の余地はありますね。
 来年の世界選手権はバンクーバーオリンピックに向けての試金石になります。そこで日本の力を見せつけて、本番でも精神的にも優位に立ちたいところですね。

飯島愛は自殺!?banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | その他スポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月19日

ガンバが攻撃サッカーでマンUに善戦!

 と、タイトルには書きましたが、負けてはしょうがないけどね。
 サッカー世界クラブ選手権で、アジアチャンピオンのガンバ大阪が開催国権限でヨーロッパチャンピオンと当たれる準決勝。当然マンU絶対的有利。番狂わせが起きるなら、終盤の先制点だと思っていましたが…。
 試合は様子見ムードのマンUを尻目に自分たちの攻撃サッカーを貫こうとするガンバ。遠藤からのパスを受けた幡戸が決めていれば面白かったのになあ。前半ギグスのCKをビディッチに決められ、1−0。まあ、これで勝敗の興味は正直終わりました。そして、前半終了間際にまたもセットプレーからC・ロナウドに決められ、2−0。なんでまたこういう時間に点取られるのかなあ。
 後半開始前、テレビカメラに笑顔を振りまくC・ロナウド。馬鹿にされてる…。しかし、後半29分に山崎のゴールが決まって2−1になると、マンUの目の色が一変。直後に代わったばかりのルーニーに叩き込まれ、反撃ムードは断ち切られます。なんでまた注意しなきゃいけない時間に取られてしまうのか。日本のチームは学習能力なさ過ぎでは?そして、勢いに乗ったマンUが立て続けにゴールし、なんとスコアは5−1。日本のサッカーの恥をさらしやがってと思っていたら、まずは遠藤のPKチャンス。世界に誇るコロコロPKかと思いましたが、さすがに相手はPK得意の世界のファンデルサール。最後まで動きません。しかし、そこはPK職人・遠藤。強いボールを左隅に決め、5−2。さらに時差ぼけのせいか足の止まったマンUを尻目に攻撃を続けるガンバはロスタイムに橋本がキーパーのニアサイドを突き刺し5−3。
 試合はこのまま終了しましたが、結果的には攻撃的な姿勢を貫き、ガンバもいいパフォーマンスを見せてくれたと思います。しかし、決定力の差など、個人の差は歴然。トラップやクロスの精度など、もっと高めていかなければなりませんね。あとは試合運びの拙さ。何回も同じ失敗を繰り返しています。逆にやはり組織力や運動量などは通用することもわかったはず。世界基準で日本の立ち位置を改めて感じさせてくれる試合でした。
 次は2大会連続の日本勢3位を目指して頑張ってもらいましょう。

中日は荒木、井端、森野と5年契約banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

レミー・ボンヤスキーが3度目制覇も…

すっきりしない結末でした。
決勝に進んだバダ・ハリとレミー・ボンヤスキーの対戦でしたが、ダウンを奪われ、劣勢のバダ・ハリがもつれあった際に倒れた相手にパンチを浴びせ、足で踏みつける悪態を犯します。今までも素行に問題があったバダ・ハリでしたが、この日の1回戦で対戦するピーター・アーツとの試合前インタビューや試合後の態度を見ていても、改善され、大人になった印象がありました。しかし、その良い兆しは完全に断たれました。レミー・ボンヤスキー相手に突破口を見いだせない自分を制御しきれなくなり、本能のままの喧嘩屋に戻ってしまいましたね。
これで彼の格闘技人生にとっては非常に大きな代償を払うことになるでしょう。当然の報いですね。スポーツにはルールがあります。そのルールを破るような選手はスポーツ選手ではありませんし、スポーツ界には必要ありません。ドーピングする人たちも同様です。今回も折角のそれまでの好試合が台無しです。当然、子供たちにとっても良い影響は与えません。K-1自体のイメージが損なわれました。今回は本当に接戦で面白い試合が続いていたんですが、最後の最後に残念な結果になってやりきれない思いになっている人は僕だけではないでしょう。バダ・ハリにどんな裁定が下るかわかりませんが、本当に残念です。

鹿島が優勝!ヴェルディが降格banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 01:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 格闘技小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

アジア最終予選、カタールに快勝!

いやあ、久々にスッキリした勝ち方でした。
 スタメンには大久保、玉田、田中達が居並ぶ攻撃的布陣。しかし、試合序盤はホームのカタールが攻勢に出て、なかなか日本のペースではありませんでした。そこをなんとか凌いでからは完全に日本のペースでしたね。前半19分に内田の前方へのパスに田中達が反応し、先制点。後半開始早々の2分に長谷部からの横パスを玉田がダイレクトシュートで突き刺し追加点。さらに23分には中村俊のクロスをファーサイドに詰めた闘莉王が押し込み勝負有り。結局一度も勝っていない相手に3−0の完勝劇でした。
 高さを武器にする選手をFWを一人も使わず、ドリブル・運動量に秀でた3人を使うことが岡ちゃんの色で、日本が世界に対してとるべきスタイルであるということなんでしょう。その後方からは中村俊、遠藤がパスを供給するという形。また、長谷部も舵取り役で、パスを散らして頑張っていましたね。ちょっと気になったのは寺田のパスミスと長友の左からのクロスの精度ぐらいでしょうか。最後の寿人投入も意図がよく分かりませんでしたが・・・。
次は少し時間が空いて、最大のライバル・オーストラリアとの対戦。まずはホームで叩いておきたいですね。

錦織圭&福原愛が交際!banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 14:34| Comment(0) | TrackBack(11) | サッカー小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。