2008年05月22日

マンチェスターUが3度目の欧州王者!

 サッカーのヨーロッパチャンピオンズリーグ決勝で初のイングランド勢同士の決勝がモスクワで行われました。日本時間の3:45キックオフというTV観戦には厳しい条件ながら眠い目をこすりながら、観ていたんですが、延長、PK戦にまでもつれ、オンタイムで観たみなさんも大変だったんじゃないでしょうか。僕はドログバの退場シーンは見逃しました・・・。
 試合はプレミアリーグ制覇の勢いか、序盤はマンチェスターUのペース。右サイドのハーグリーブスからチャンスを作っていきます。そして、今大会の得点王にも輝くC.ロナウドがブラウンからの右からのクロスをヘディングで先制。それにしてもヘディング強いですねえ。ドリブルは言うに及ばず、シュート、FKと今最高の選手の1人でしょう。その後もマンUペースは相変わらずでしたが、前半終了間際、そのC.ロナウドのマークに追われていた右サイドバックのエッシェンの思い切った上がりからのシュートがリフレクションして後方から走り込んでいたランパードの前にこぼれ、押し込み同点。チェルシーにとっては最高の、マンUにとっては最悪のタイミングでの同点劇で後半はチェルシーペースが予想されました。
 そして後半は予想通りのチェルシーペース。しかし、ドログバのシュートがポストをたたき、ランパ−ドのシュートがバーに阻まれ、結局1−1で90分を終えます。また、これでマンUのペースか。。。
 延長になってようやく重い腰をあげ、選手交代を繰り出す両チームでしたが、結局延長戦はスコアレスでPK戦に突入します。そのPK戦では、得点を決めたマンU3人目のC.ロナウドが外します。欧州初制覇に向けチェルシーは大チャンス!5人目のキャプテン・テリーが決めれば優勝が決まる場面までやってきました。しかし・・・。雨で濡れたピッチがテリーの軸足のバランスを崩し、シュートは無情にも枠外へ。追いついた先行のマンUは6・7人目がきっちり決め、チェルシー7人目のアネルカをファンデルサールがストップし、マンチェスターUが3度目のビッグイヤーを獲得しました。
 流れが二転三転する中で勝負を決めたのはマンUのしたたかさと経験だったでしょうか。チェルシーはテリーのPKが悔やまれますねえ。とにもかくにもこれで欧州クラブサッカーは一区切り。次はヨーロッパ選手権です。またサッカーファンには眠れない夜が続きそうですね。

日本代表はアジア予選へbanner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 18:25| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

グランパスは連敗で首位陥落

本当に久しぶりにJリーグの試合を観に行ってきました。日本代表の試合やW杯の試合はちょくちょく観に行ってるんですけどねえ。いつ以来だろ。。。本当に10年前とかしか記憶がありません。
今回観に行こうかと思ったのは、名古屋グランパスが開幕から、いやプレシーズンマッチからいい内容の試合をしていたからです。気がかりは前節、初めてリーグ戦で敗れたことですね。その意味でも川崎フロンターレとの試合は重要な1戦になりました。
スタメンは中2日の日程を危惧してか、敗北を受けてか、スタメンを4人も入れ替えてきました。DFには右サイドに竹内に代わり三木、センターには吉田に代わり増川。MFも吉村に代わり山口慶、小川に代わり深井を入れてきました。ストイコビッチ監督は思い切ったことをしてきますね。前節の敗戦の一因として選手の疲労というのがオシム元代表監督との一致した意見だったそうで、それが大胆な変更の下支えになっているかもしれません。
試合は序盤から川崎のペース。連係ミスからせっかく奪ったボールを奪われ、攻めても引いている相手に手詰まりの状況。しかし前半21分の初めてといっていいチャンスをヨンセンのヘディングでモノにします。それも束の間、直後の28分に中村憲のゴール前のスルーパスから混戦になったところを村上がつめて同点。そして36分にも、またもや中村からのスルーパスから抜け出したチョン・テセのシュートを楢崎が防ぎきれないところをジュニーニョに詰められ勝ち越されます。この点は結構目の前で見たんですが、今回スタメンに抜擢された増川と楢崎の連携がなってなかったですね。防げた点でした。
後半には見たかった小川などが出てきて攻勢に試合を運びますが結局得点を奪えず1−2で敗れました。これでグランパスは連敗。首位からも陥落しました。
試合内容も見せ場は無く、連勝中の内容の良さは全く感じられませんでした。この日のスタメンでは潤滑油となるべき選手がいなかったように思います。足元でもらって勝負するタイプが多く、動き回ってスペースを空けたり、飛び出していくといったような連動する動きがありませんでしたね。そこで小川や藤田のような選手が必要になってくるんだと思いますが、今回は時間も少なかったせいか機能しませんでした。あとは先ほど述べた選手のコンディションに依るサッカーであることと他チームに研究されていることで、これからも苦戦するかもしれません。前節は東京Vが4バック3ボランチで守りを固めた戦術でグランパスを打ち負かし、この日も中村憲と2トップ以外は引いた形でグランパスの攻撃に対応し、カウンターで幾度もチャンスも作っていました。なんとかこの壁を打ち破ってほしいですね。
冒頭にも述べましたが、今までほとんどJリーグを観に行っていなかったのは、サッカーの内容のこともありますが、あとはスタジアムの問題ですね。瑞穂競技場は全くもってサッカーの試合を観るのには向いていません。やはりピッチまでの距離が遠いというのは盛り上がりに欠けると思いますし、選手にも熱は伝わりにくいんじゃないかと思います。今は結果を出していますが、初めて監督をする人間に1億円を提示するとか、金儲けのために集客力のある豊田で試合をやったりとか、フロントはサッカーどころか経営も文化もあまりわかっていないようですからね。トップがそんな人たちがいるところを応援するのが馬鹿らしいという気持ちもあります。潜在的なサッカーファンはこの地方にも本当にたくさんいるはずなんで、もっとフロントは応援するファンのことを考えて努力して本気で取り組んでほしいですね。

井上康生は五輪切符ならず。banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 01:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 生観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

中嶋一貴、納豆走法で2度目の入賞

F1ヨーロッパラウンドの開幕戦・スペイングランプリが行われました。スペインのカタロニアサーキットは各チーム、テストを行ったところでもあり、ここからが第2の開幕といってもよい重要な1戦です。
PPは昨年のチャンピオン、キミ・ライコネン。4戦目で初のPPを獲得しました。母国グランプリのアロンソは2位、中嶋一貴は初めて同僚のロズベルグを上回る12位、佐藤琢磨は最下位でした。
決勝は大荒れ。スタート直後にはセーフティーカーが導入されます。そして、驚愕の映像が飛び込んできます。22周目を走行中のマクラーレンのコバライネンが減速できずに200qを超える速度でタイヤウォールに激突。機械でマシンを引っ張り出し、事故現場を青いシートでかぶせていたところから安否が心配されましたが、担架にのせられたコバライネンが左手を上げて無事であることをアピールして一安心。結局、ライコネン、マッサ、ハミルトン、クビサの上位陣は1周目を終わった後から変わらず安定した走りでそのままチェッカー。そして、予選12位から親父譲りの納豆走法で中嶋一貴は7位に入り、開幕戦に続く2度目のポイントゲット。欲を言えばホンダのバトンの前には行けたかもしれませんが、まずまずの走りでした。そして、佐藤琢磨は一時は9番手まで上がるなど奮闘しましたが、結局完走13台中の最下位に終わりました。ただ、資金難でテストができないような状況の中本当に素晴らしい走りをしてくれていると思います。
13台しか完走できなかった厳しい戦いの中、日本人の特性でしょうか、粘りの走りで仕事を最後まで遂行してくれた2人のドライバー。悪条件の方が上位進出の可能性が増えるかもしれませんね。そのためにもなんとか佐藤琢磨のシートは残してほしいですね。

スーパーアグリ参戦中止か?banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 14:48| Comment(0) | TrackBack(1) | モータースポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

K-1 WORLD GP 2008

4日前のWORLD MAXに続いてのK-1イベント。K-1スーパーヘビー級タイトルマッチなどの1マッチが行われました。
そのタイトル戦では王者シュルトが久々にKのリングに戻ってきたマーク・ハントとの対戦。そして、Kのリングでのブランクがあったとはいえ、チャンピオンにもなっているハントを現王者が回し蹴りで一蹴KO。やはり絶対王者は強かった…。どうやったら勝てるのやら。。。
そしてもっともエキサイティングな試合だったのはバダ・ハリ対レイ・セフォーの対戦。ヘビー級の王座に輝いたヤングスターのバダ・ハリと準優勝経験もある打たれ強い番人・セフォー。戦前の予想ではどちらが勝つかわからないような接戦の予想。しかし、あのセフォーから1回に3度のダウンを奪いTKOでバダ・ハリが勝利するという圧巻の内容。先に膝が入ったのが勝因だと思いますが、それにしてもバダ・ハリ強いですねえ。まだシュルトと、というわけにはいきませんが、その強さは十分に証明してくれました。
極真空手から出場したグラウベ・フェイトーザは、さすがの圧勝。初出場したもう1人のテイシェイラは初めてのK-1ルールに戸惑いながらもスタミナでアジア王者・藤本を延長で振り切りました。まあ、これからでしょう。
そして、最後に武蔵対沢屋敷の日本人対決。経験か勢いか。結果はがけっぷちの状況で意地を見せた武蔵の圧勝でした。藤本も合わせ、切磋琢磨して、もっと日本人のレベルを上げていってもらいたいですね。

グランパスが首位浮上banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 22:59| Comment(5) | TrackBack(3) | 格闘技小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

K-1 WORLD MAX 2008 〜世界一決定トーナメント開幕戦〜

K-1 WORLD MAX 2008の開幕戦が広島で行われ、ベスト8が出そろいました。
中でもブアカーオ対クラウス、サワー対ザンビディスの2戦はレベルの高い戦いでした。結果的には大方の予想通りでしょうか、ブアカーオとサワーが勝ち上がりましたが、1回戦で見るのはもったいないような戦いでしたね。
それから日本勢の活躍も目立ちました。魔裟斗も勝つだろうという予想はしていましたが、ボクシングの世界王者相手のカラコダ相手にパンチでの戦いを挑み、パンチでKO勝利!強かったです。佐藤も厳しいかなと思っていましたが、徐々にローが効きはじめペースをつかんで判定勝利。そして、日本王者の城戸がアジア王者のイム・チビンを40秒でひざ蹴りKO!
ベスト8に日本勢が3人残り、特に佐藤と城戸が世界相手にどこまでやれるか楽しみにしたいですね。

アーセナル、惜しくもベスト4逃す…banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 格闘技小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

北京五輪代表はアンゴラA代表と内容あるドロー

北京五輪出場が決定しているサッカー23歳以下代表はアンゴラのフル代表との親善試合を行いました。
こちらも昨日のA代表と同じく3-5-2のシステムですが、こちらは使い慣れたシステムというところが大きな違いですね。こちらもA代表に安田や水本を取られましたが、大きなマイナスにはならなかったようです。このことからも監督の戦術や考え方がより大きな影響を及ぼすことがわかりますね。
アンゴラはオリンピックには出られないもののドイツW杯出場を果たしているアフリカの強豪です。その相手に対して対等以上に渡り合い前半を0-0で折り返します。後半8分には再三いい動きを見せている右サイドの長友からのクロスを久々に代表復帰した豊田が押し込み先制!その後も互角以上の内容の攻防が続きましたが、一瞬の隙を突かれ後半31分に同点に追いつかれます。まあ、どの国でもそうだと思いますがこういう同じような失点を失くせませんねえ。その後も興梠や香川などに惜しいチャンスが訪れますが、得点には至らずそのままドロー。
それでもコンディション不良ではあるも格上の代表に内容で負けていなかったのは収穫でしょう。選手で特に目立ったのは右サイドの長友。さすがに現役大学生でありながらFC東京に入団するに足る選手だなと思いました。身体は小さいですがどこにでも顔を出す運動量とアフリカ人にも当たり負けしていないフィジカル面の強さは本当に素晴らしかったですね。サイドハーフは両サイドとも非常に高いレベルの争いです。右サイドではA代表経験者の水野と内田に加え、この日のパフォーマンスで長友は大きくアピールしましたね。左サイドも同じくA代表経験者の本田圭と安田がおり盤石といった感じ。後ろのセンターバック3人とGKもA代表経験者でレギュラーは万全。トップ下も梅崎や柏木がおりレベルは高そうです。残るFWとボランチがこのチームの弱点と言わざるを得ないでしょう。特に得点を決めるFWと試合をコントロールするボランチという重要なポジションで能力の高い人材がいないことは痛いですね。なんとかJで結果を出す人材が出てきてほしいですが、オーバーエイジという選択肢もあるかもしれません。
全体の内容は前日よりもはるかに良かったですね。もちろん相手のコンディションやモチベーションにも大きく左右されるとは思いますが、同じ3-5-2でも完成度が違いましたね。もちろんまだまだだとは思いますが、選手を競わせ、戦略・戦術を叩き込み、チームとしての完成度、総合力を北京までに上げていってほしいですね。

桑田の引退に続いてゴジラ松井の結婚。。。banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 00:48| Comment(1) | TrackBack(4) | サッカー小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

サッカー日本代表、バーレーンに敗れる

W杯に向けてのアジア3次予選。第2戦で対戦するのはこの組最大のライバルと目されるバーレーンです。
スターティングメンバーは遠藤が外され、3-5-2の布陣。バーレーンの強力な攻撃陣に対して1枚余らせる手堅い作戦を見越してのことでしょう。唯一の気がかりはGKの川口。ブレ球が捕れない安定感のないGKは守護神とは呼べず、東アジア選手権でも安定したプレーを見せた楢崎の方がいい選択肢だと思ったからです。相手攻撃陣を考えた時に守備陣の高さは必要でしたが、高さがあるのは中澤だけというセンターバックの布陣を考えてもより高さのある楢崎の方がと考えたからです。
まあ、それが杞憂で終わってくれればよかったんですが、結果的にはその川口の判断ミスというか、技術的なミスで失点をしてしまい、0-1で敗戦。勝ち点1を取ればよかったところを逃してしまいました。3-5-2は全く機能せず、攻撃の形は見えないままでした。以前より後退してしまった感じは否めないですね。岡田監督もオジェックみたいにならなければいいですが、今のところ後釜も全く見つからないのでまだ少しは安泰でしょう。しかし、次のオマーン戦で勝ち点6、最低でも勝ち点4を取らないと更迭論は浮上してくるでしょうね。
それでも各組2位までが最終予選に進める3次予選では、僕も含めてまだ余裕があると考えていますが、それはおそらく代表選手やスタッフにも言えることで、もしかしたら油断があったのかもしれませんでしたね。あとでとんでもないことにならなければいいですが・・・。

桑田が引退。お疲れ様でした。banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 19:27| Comment(0) | TrackBack(6) | サッカー小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

F1開幕戦、波乱の中 中嶋Jrが6位入賞!

今年のF1開幕戦がオーストラリアで行われました。
予選では不運もあって出遅れた日本勢は今年からフル参戦した中嶋Jrが14位、そして佐藤琢磨が20位。トップはマクラーレンのハミルトン。今年も強そうです。そして、2位にはなんとザウバーのクビツァ。ルノーに移籍したアロンソは12位、昨年のチャンピオン・フェラーリのライコネンは16位からのスタートとまさに波乱の幕開けとなりました。
レースの方も大荒れ。スタート最初の1コーナーでの接触によるセーフティーカー導入から始まり、灼熱の気温などによるリタイアでチェッカーフラッグを受けたのはたったの7台。1位はトップを独走したハミルトン。2位にはこれまたザウバーのハイドフェルド。3位はウィリアムズの中嶋の同僚・ロズベルグ。そして日本勢は佐藤琢磨が32周でリタイアしましたが、中嶋が7位でチェッカーフラッグを受けました。父の中嶋悟氏の初戦結果と同じ順位かと思っていたら、レース後にホンダのバリチェロが失格し、6位に入賞。初戦にしては素晴らしい結果だと思いますが、同じマシンに乗る同僚が3位表彰台ということで、これに満足せず頑張ってもらいたいですね。3人目の日本人表彰台を目指してほしいと思いますし、実際にできるチャンスが十分にあると思います。
昨年コンストラクターズチャンピオンを争ったフェラーリとマクラーレンが優位と見られますが、それ以下は混戦模様。ポイントや表彰台に向けての例年以上の白熱したバトルが見られそうです。

ラグビー日本選手権は三洋がサントリーに雪辱し初制覇!banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 22:14| Comment(0) | TrackBack(3) | モータースポーツ小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

Qちゃん惨敗…

北京オリンピックに向けた女子マラソンの最終選考レースの名古屋国際女子マラソンを生観戦してきました。原裕美子、坂本直子、加納由理、弘山晴美ら実力者が北京に向けての最終切符を掴み取るために集結。その中でも一番の注目は、やはり高橋尚子でした。
僕は10km地点あたりで観戦していたら、なんと先頭集団にはその高橋尚子が含まれておらず、予期せぬ展開。まあ、その時点で遅れるというのはいくらなんでも勝てるレースではないですよね。その後も一度も見せ場を作ることなく、結局27位という惨敗でした。
優勝争いの方は高橋以外の有力選手が先頭集団に残り、30km付近から駆け引きが始まります。そして、6人となった先頭集団には原裕美子、坂本直子、加納由理が残り、この中から優勝者が出るだろうと思っていました。一般参加の選手が優勝できるほど甘いメンバーではないと思っていたからです。それが33km手前でスパートしたのは招待選手でありながらマラソン初挑戦の中村友梨香。天満屋のチームメイト・坂本直子の方に注目が集まっていましたが、この21歳の新鋭がそのままトップでゴール。ちょっと停滞気味だった女子マラソン界にまたしても新星の誕生!本当に層が厚いですね。2位にも一般参加の尾崎好美と波乱の結果となりました。
これで北京オリンピックの切符の行方は、内定の土佐礼子、当確の野口みずき、そして最後の切符を争うのが今回の優勝者・中村友梨香と大阪国際女子マラソン2位で日本人トップの森本友。タイムでは森本が17秒上回っていますが、これだけの有力メンバーを抑え優勝したことに加え、初マラソンでの快挙と若さに期待で中村が選ばれるのではないかと思いますね。速報でも中村有利との情報。3人で是非北京でも日本人としての女子マラソン3連覇を為してほしいですね。期待しましょう。
そして、惨敗した高橋はレース後の記者会見で昨年8月に右ひざ半月板の手術をしていたことが判明。そして注目された引退を否定しました。しかし、本人もまさかの失速を認めており、次のレースで良い結果が残せなければ、トップレベルでの戦いは厳しいでしょうね。まさに次が進退をかけたレースになると思います。
沿道3か所で実際にレースを見てきたんですが、高橋尚子選手への期待の大きさ、人気の高さというのを地元に近いこともあったんでしょうが本当に実感しました。レース人生も最終盤。自分自身悔いのない形でやりきってもらいたいですね。

上村愛子がW杯モーグル総合優勝!banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 01:54| Comment(1) | TrackBack(2) | 生観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

ゼロックススーパーカップはJ2の広島が制す

いよいよ日本でもサッカーシーズンの開幕ですね。
来週から始まるJリーグの前に前年度のJリーグチャンピオンと天皇杯チャンピオンの戦い。今回はそのチームが両方とも鹿島だったため、天皇杯の準優勝チームの広島が出場しました。
戦力的には断然鹿島が優位に立っていたでしょう。柳沢とファボンが抜けましたが、伊野波を獲得するなど中盤はベンチまですごい陣容。対する広島も今季はJ2に降格したことから大幅な戦力ダウンになるかと思いきや、主な選手の流出を駒野だけに留め、佐藤寿や柏木が残留し、また久保を獲得するなど、戦力としてはほぼJ1にいた昨年と同じ程度になりました。
試合はいきなり動きます。と言っても得点が入ったわけではなく、鹿島の岩政選手が前半12分に2枚目のイエローカードを受け、早くも退場。戦力的に優位に立つであろう鹿島が数的不利になり、これで試合が面白くなりそうな気がしました。そこからしばらくは一進一退の攻防が続きますが、前半38分には今度は広島の李が2枚目のイエローカードで退場。前半はこのまま終了します。
数的同数になった後半早々の4分にいきなり鹿島が本山のゴールで先制。その直後7分には野沢のゴールで2−0。完全に鹿島のペースとなりました。しかし、後半12分に久保が投入されると流れは一変。その有り余る存在感で他の選手への注意が少なくなりプレーがやりやすくなっていました。そして、35分に微妙な判定ながら久保がエリア内で倒されPK。これを自らが決め1点差に迫ります。そして直後の40分に服部のアーリークロスから久保の後ろから走りこんだ佐藤寿が素晴らしいヘディングシュートでついに同点。このままPK戦に突入しました。
PK戦では試合を追いついた勢いに加え、審判の厳格な判定にも助けられ広島が制し、タイトルを獲得しました。
この試合で目に付いたのは鹿島の全てを動かしていた小笠原と途中出場で完全に流れを変えた久保の存在感でした。小笠原がボランチの位置でタクトを振るうことで前の野沢や本山が生き生き動けているという印象です。ぜひ代表にも戻ってきてほしい選手です。
広島はJ1の舞台でも戦える力があるのを示しましたが、J2の戦いはまた別モノ。それでもJ2では戦力的優位に立つ広島にはぜひ1年でJ1の舞台に戻ってきてほしいですね。

中田翔、オープン戦第1号!banner_03.gif
posted by 杉山卓也 at 17:07| Comment(0) | TrackBack(2) | サッカー小噺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。